Amazonブラックフライデー開催中!

Anker PowerPort III 2-Port 65W レビュー|超コンパクトでiPhoneとMacbookの同時充電が可能

Ankerから、更にコンパクトとなった2ポートのUSB-C PD 充電器が発売されましたので、ご紹介します!

それが、Anker PowerPort III 2-Port 65W。この製品の特徴は以下の通りです。

特徴
  • Anker GaN II採用で超コンパクトな設計
  • 2ポート(最大65W/45W+20W)でスマホとノートPCの同時充電可能
  • USB-C PDで急速充電できる
  • 折りたたみ式プラグを採用で持ち運びしやすい

特に、Anker Nano IIで初搭載された、GaN II(第2世代窒素ガリウム)が本製品でも採用されているのが大きな特徴。

これのおかげで、2ポートでもコンパクトな仕様に仕上がっています。

メーカーのAnkerさんから製品を提供いただきましたので、レビューをしていきます。

この製品は、メーカー様より製品を提供いただき、記事執筆をおこなっています。

Amazonサービスがお得に!

Amazonブラックフライデーに合わせ、以下のAmazonサービスがお得に!

現在、Amazonで大規模セールを開催中!これを期にぜひ!(リンク先はAmazon)

外観

早速、PowerPort III 2-Port 65Wの外観をチェックしていきます。

▲こちらが、 PowerPort III 2-Port 65Wの本体です。

2ポートにも関わらず、手のひらサイズで扱いやすいです。

▲手のひらに収まるほどコンパクトです。

重さを測ってみました。

▲実測137g(公称136g)。コンパクトな割に重量感はありますが、それでも2ポートにしては持ち運びしやすい重さです。

同社のGaN II採用で65W出力が可能な1ポートの「Anker Nano II 65W」と比較してみます。

Anker Nano II 65Wでも驚きましたが、この製品は2ポートあるので、このサイズ差であればPowerPort III 2 Portを選択した方が便利に使えるかもしれません。

実際、PowerPort III 2-Port 65Wは縦長となっており、幅は細くなっています。

あまりないかもしれませんが、ポケットに入れる場合にも、この形状によりPowerPort III 2-Port 65Wの方が入れやすいです。(というくらいのサイズ感です)

続いて、100W出力が可能な「PowerPort III 2-Port 100W」と比較してみます。

さすがに最大100W出力の「PowerPort III 2-Port 100W」は大きさを感じます。PowerPort III 2-Port 65Wは出力とサイズ感のバランスがとれたモデルだなと感じます。

最後に、Macbook Proの67W充電器とも比較してみました。

2ポートなのにも関わらず、これだけコンパクトなのが凄いです。

ちなみに、PowerPort III 2-Port 65Wは、表面部分がMacbookのスペースグレイの色合いと似ていて、色統一という意味でも良いデザインです。

▲Macbookのスペースグレイにもお似合い!

PowerPort III 2-Port 65Wで充電してみた

早速、PowerPort III 2-Port 65Wで端末を充電してみました。

利用した製品

どちらも最大出力値にはわずかに届かないものの、急速充電可能です。

早速、iPhone 13 ProとMacbook Pro 14インチの同時充電を試してみます。

▲いずれも、0%の状態から計測してみます。
項目iPhone 13 ProMacbook Pro 14
11:24(0分経過)0%0%
12:26(約60分経過)84%47%
12:37(約80分経過)90%52%
12:47(約90分経過)94%60%
13:18(約120分経過)100%80%
充電の計測結果(%は充電済みを示す)

iPhone 13 Pro側は、19W出ておりほぼ公称値の通りです。

▲iPhone 13 Proは19.7Wの出力がされており、ほぼ仕様通り。

Macbook Pro側も43W出ており、こちらもほぼ公称値でした。

▲Macbook Pro 14インチ側もほぼ仕様通り42.5Wの給電。

その仕様上、最大65W出力を任意の数字で出力できないことには注意してください。(60W+5Wのような振り分けはできない)

Macbook Proは、充電自体はしっかりされるので利用上は問題ないです。

ただ、Macbook Pro 14インチだと、やはり急速充電の域には達しておらず、少しパワー不足に感じます。

そのため、同時充電を想定される場合、出力値が近いMacbook Airでの利用におすすめで、Macbook Pro 14インチの利用で同時充電をする場合、「PowerPort III 2-Port 100W」の方が良いかと思います。

iPhone側を外せば、1ポートで65W充電もできるので、2ポートあることによって柔軟な使い方ができるのが便利です。

ただし、iPhone 13 Pro側が100%になったとしても、20W給電は維持され、Macbook Pro 14インチ側の給電は最大45Wのままなことに注意してください。

▲iPhoneが100%になっても、43Wのままです。

iPhone側の充電を外すと、Macbook Pro 14インチは実測最大63Wほどで充電されていました。

▲iPhone側の充電を外すと、出力値が一気に上がりました。

PowerPort III 2-Port 65Wの発熱について

2ポートで高出力にも関わらずこれだけコンパクトなので、気になるのはやはり発熱。

この点について、非接触温度測定器で計測してみました。

今回は、最も負荷がかかるであろう、45W+20W同時充電時での温度を計測してみます。

▲最も熱の出る電源コネクター付近を計測
▲人の手に触れる部分を外皮とし、こちらも計測。
項目平均温度
外皮部分48.2℃
コネクタ接触部分50.2℃
温度は、0%〜80%の任意のタイミングで10回計測した平均値

MAXレベルで同時充電をすると、50℃付近を推移し、モバイル向け充電器としては、少し熱く感じました。

しかしながら、ここまで高出力な割に55℃を超えるアツアツな状態にはならないのが良いですね。

最近の充電器は、高出力&コンパクトな割に、発熱も比較的抑えられていて、レビューをする度に毎回驚きますw

レビューまとめ

今回は、Anker PowerPort III 2-Port 65Wを利用しましたが、さすがAnkerといった所で、高品質な充電器だと感じました。

2ポートでも、他社製品であったような瞬停なども起こらず、問題なく充電できて使いやすいです。

しかもこれだけコンパクトでプラグも折りたためるのが良いですね。

最後に、この製品のメリットとデメリットをまとめます。

デメリット
  • 仕様上、2ポートの場合45W+20Wの出力のみ
メリット
  • 2ポートにも関わらずサイズがかなりコンパクト
  • iPhoneやMacbookを問題なく急速充電可能
  • 発熱も比較的抑えられている

正直いうと、特段の欠点はありません。

そのため、2ポートのUSB-C PD充電器として、このPowerPort III 2-Port 65Wは、その決定版の一つとなり得る製品です。

Amazonでのお買い物をする際は、ギフト券に現金チャージするのがおすすめです。

  • ギフト券購入の度に最大2.5%分のポイント還元
  • 初回5000円以上のチャージで1000円分のポイント還元

支払いはコンビニ・ATM・ネットバンキングで。簡単おトクなのでぜひ!

Kou

Kou

こんにちは!
BENRI LIFE(ベンリライフ)は、「IoT(モノのインターネット)」をテーマにしたガジェットブログです。
特に「スマートホーム」に関する情報が充実しています!
IoTツールで暮らしを便利に、快適に...
よかったら、色々見ていってください!

FOLLOW

カテゴリー:

\LINEのお問合せサービス始めました/

コンサルティング
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA