Anker 622 Magnetic Battery(MagGO)レビュー|MagSafe充電できてiPhoneに合うモバイルバッテリー

Anker Anker 622 Magnetic Battery

充電器でお馴染みのAnkerから、iPhoneとセットで利用するのに最適なモバイルバッテリーが発売されたのでご紹介します!

それが、Ankerの622 Magnetic Battery。最近のAnkerは数字が品名に入ってますね。

この製品の特徴は、以下の通りです。

特徴
  • マグネット式で充電できる(MagSafe・Qi対応)
  • コンパクトながら5000mAhでiPhoneを約1回充電が可能
  • スタンド機能付きでiPhoneを立てかけられる
  • 5色展開でカラーバリエーションが豊富

マグネット式の充電や、カラーバリエーションから、iPhoneに合わせてきた感じですね。

特に気になるのは、前作「Anker PowerCore Magnetic 5000」からどのように変わっているのか、という点。

その詳細について、レビューしていきます!

この製品は、メーカー様より製品を提供いただき、記事執筆を行なっております。

本体外観

Anker 622 Magnetic Batteryは、とてもコンパクトなモバイルバッテリーです。

▲手に持つとこんな感じ。

結構コンパクトで薄くて良いですね。事実上前作の「Anker PowerCore Magnetic 5000」と比較すると、以下の通りです。

手に持ってiPhoneを操作すると、その違いがわかります。Anker 622 Magnetic Batteryの方が薄くて操作がしやすいです。

Anker 622 Magnetic Batteryは、本体前面にマグネットが採用されており、背面はフラップ状になっています。

この背面のフラップを折り曲げて、MagSafe対応のiPhoneのスタンドにもなるのが、本製品の最大の特徴です。

このモバイルバッテリーがスタンド利用できるのはかなり便利。たとえば、カフェに持ち運んで、iPhoneをどこでも卓上カレンダーのように利用できるのが嬉しいです。

▲強力なマグネットなため、スタンド利用していてもズレることがないです。

MagSafe認証製品ではないことに注意してください。MagSafe認証のモバイルバッテリーは現状無く、技術的に難しい部分があるのだと思います。

ただ、このスタンド部分の底面にUSB-Cポートがあることによって、Anker 622 Magnetic Batteryを充電しながらスタンドとして利用できないのが、若干イケてない部分。

▲上側にポートを配置してほしかった。。。

ただ、前作と比べると、ずいぶん洗練されていて、スタンドとしても利用できるギミックもある。さすがAnkerの製品ですね。

iPhone 13 Proを充電してみた

今回は、iPhone 13 Proで、「Anker 622 Magnetic Battery」と改めて「PowerCore Magnetic 5000」の充電速度を検証して見ました。

結果として、その推移は以下の通りです。

項目Anker 622 Magnetic BatteryPowerCore Magnetic 5000
0分経過0%0%
約110分経過64%53%
約120分経過71%56%
約170分経過80%75%
約180分経過80%80%
▲Anker 622 Magnetic BatteryとPowerCore Magnetic 5000の充電速度を比較

この製品は、iPhone 12 Pro Max/iPhone 13/iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Maxの場合は、満充電未満の仕様となることに注意です。(PowerCore Magnetic 5000も同様)

同じ分数でも、常に10%程度早くなっており、Anker 622 Magnetic Batteryの方が充電効率が若干上がっていることが確認できると思います。

くっつけているだけで、2時間で70%充電できることを考えると、割と充電速度も早いように感じ、使い勝手が良いです。

MagSafe純正の15Wには及びませんが、この製品はそもそもモバイルバッテリーですし、あまりに出力が大きすぎると発熱も気になります。

そのため、前作よりも少し向上している、このくらいの充電速度がちょうど良いなと感じます。

なお、USB-Cケーブルでの充電の場合は0%→100%まで充電できたので、MagSafe充電だと多少の減衰が発生するということなのかもしれません。

最大値は12Wと有線にしては若干低いと感じますが、その出力値について、USB電流テスターで実測してみました。

▲出力は11.02Wとほぼ最大値を計測

急ぎで充電したい場合は、有線ケーブルを利用しましょう。

発熱は体温くらいで控えめ

この製品は、MagSafe充電にも対応していることで、くっつけながらスマホを使ったりすることもあると思います。

そうなってくると、気になるのは発熱。

iPhoneを充電している状態で、任意のタイミングで測定器でチェックの上、計測してみました。

最初は26℃〜30℃を推移していたのですが、30分程度経つと、温度が上がってきて35℃前後となっています。

▲徐々に温度が上がっていく(32℃)
▲何度か計測してみて、下部の方が若干温度が高かった(体感変わらず)

さらに、スマホをいじりながら、1時間程度利用した場合のMAX温度は37.6℃でした。

体温くらいの温度で、あまり発熱していないように感じます。

スマホを操作しながら充電といった用途でも、熱いと感じたことはなかったです。

MagSafe充電が7.5Wに抑えられているのは、こういった配慮があるからかもしれませんね。

とはいえ、MagSafe充電をしている状態で、ズボンのポケットに入れると、熱がこもってしまっていたので、そのような使い方は避けた方が無難です。

レビューまとめ

今回は、Anker 622 Magnetic Batteryをレビューしましたが、コンパクトなサイズ感でスタンド利用もできて、かなり使い勝手の良い充電器です。

前作の最大の欠点だった、MagSafe充電が遅すぎるという欠点も、給電速度が向上したことによって、だいぶ解消されています。

カラーバリエーションも豊富で、手持ちのiPhoneのカラーに合わせられるのも良くて、毎日持ちたくなるガジェットになりそうですね。

デメリット
  • USB-Cの出力が若干低め
  • MagSafeの場合、iPhone 13 ProのMAX充電はできない
  • 充電しながらスタンド利用できない
メリット
  • 本体が薄くてコンパクト
  • 前作よりもMagSafe充電のスピードが早くなっている(5W→7.5W出力)
  • スタンド利用可能で便利
  • 発熱が控えめ(MagSafe充電しながら手に持てる)
  • カラーが5色展開でデザインが良い

Amazonでのお買い物をする際は、ギフト券に現金チャージするのがおすすめです。

  • ギフト券購入の度に最大2.5%分のポイント還元
  • 初回5000円以上のチャージで1000円分のポイント還元

支払いはコンビニ・ATM・ネットバンキングで。簡単おトクなのでぜひ!

Kou

Kou

こんにちは!
BENRI LIFE(ベンリライフ)は、「IoT(モノのインターネット)」をテーマにしたガジェットブログです。
特に「スマートホーム」に関する情報が充実しています!
IoTツールで暮らしを便利に、快適に...
よかったら、色々見ていってください!

FOLLOW

カテゴリー:

\LINEのお問合せサービス始めました/

コンサルティング
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA