Amazonブラックフライデー開催中!

Anker Nebula Cosmos Laser 4K レビュー|この映像体験はすごい!レーザー光源で鮮やかに映せるプロジェクター

Anker Nebula Cosmos Laser 4Kの実機

プロジェクターは様々使ってきましたが、今回ご紹介する製品の性能はすごかったです。

Ankerの「Nebula Cosmos Laser 4K」を利用しましたので、レビューしていきます。

Ankerは、これまで様々なプロジェクターを発売してきましたが、その中でも最高峰の映像体験を楽しめます。

そんな、Nebula Cosmos Laser 4K(ネビュラコスモスレーザー4K)の特徴は、以下の通り。

特徴
  • レーザー光源の圧倒的な明るさ
  • 4Kの高クオリティ映像
  • Dolbyオーディオ+Sound Dimensionを採用した迫力の3Dサラウンド音響
  • Android TV 10.0搭載

その映像美はすごかった…!

4Kプロジェクターの中でも、かなりのスペックを誇るこの製品。早速レビューを通じてその魅力をお届けします。

https://www.benrilife.com/wp-content/uploads/2019/05/Kou1600.jpg

Anker Nebula Cosmos Laser 4K レビュー

Anker Nebula Cosmos Laser 4Kは、Ankerの中でも最上位の性能を誇る4Kプロジェクター。レーザー光源による映像美は圧倒的で、UHDの映画も鮮やかに映る。本体内蔵のスピーカーも中々良く、ドルビーサウンドで迫力のある音場を楽しめた。Android TVで様々なアプリも利用可能。ハイスペックなホームプロジェクターをお探しの方におすすめ!

メリット

  • レーザー光源による高解像度(4K)・広色域な映像
  • 映像出力が速くオートフォーカスもあり使い勝手が良い
  • 内蔵スピーカーのスペックが高くDolbyオーディオ、単体でも迫力十分
  • Android TV OSで様々なアプリが楽しめる

デメリット

  • ゲームをするには少し遅延あり
  • 本体のポートが少ない
項目仕様
解像度3840 x 2160(4K) 16 : 9
輝度2400 ISOルーメン
スローレシオ150インチ@4.22m / 120インチ@3.37m / 100インチ@2.81m / 80インチ@2.25m / 60インチ@1.68m
ディスプレイオートフォーカス、オート (垂直± 40° / 水平± 40°)、プロジェクションモード:前面 / 背面
インターフェースHDMI:HDMI2.0 (最大4K入力)
USB-A:USBフラッシュドライブ用
ソフトウエアAndroid TV 10.0 対応
CPU/GPUクアッドコア A55 Chipset/クアッドコア Mali G31
RAM/ROM2GB DDR/16GB eMMC
スピーカー10W x 2 (20W) ツイーター5W x2 (10W)
Wi-Fi802.11a / b / g / n / ac(2.4GHz・5GHz)
サイズ約263 x 220 x 165mm
重さ約4.9kg
Anker Nebula Cosmos Laser 4K スペック

この製品は、メーカーであるAnker Japan様より製品を貸与いただき、記事執筆を行なっております。

Amazonキャンペーン

ブラックフライデー期間に合わせ、Amazonで以下のサービスがお得に!

サービスキャンペーン終了日対象者注意事項
Kindle Unlimited
(本の読み放題)
3ヶ月99円
(通常は1ヶ月無料体験、その後月額980円)
12月1日新規申込者が対象無料期間終了後、月額980円自動更新
(解約は無料)
Audible
(オーディオブック聴き放題)
2ヶ月無料+100ポイント
(通常は1ヶ月無料)
12月26日新規登録する方無料期間終了後、月額1,500円自動更新
(解約は無料)
Music Unlimited
(音楽聴き放題)
3ヶ月無料
(通常は1ヶ月無料体験、その後月額880円)
1月11日新規申込者が対象無料期間終了後、月額880円自動更新
(解約は無料)

リンクはAmazonサイト。通常よりもお得なので、これを機にぜひ!

外観チェック

早速、Anker Nebula Cosmos Laser 4Kの外観をチェックしていきます。

Anker Nebula Cosmos Laser 4Kの実機
▲本体です。

サイズは、「約263 x 220 x 165mm」重さは「約4.9kg」とホームプロジェクターとしては、少し大型。

ですが、上部にハンドルもついており、持ち運びがしやすい。室内で少し場所を変えやすいです。

本体についてるハンドルで持ち運んでる様子
▲本体にハンドルがあり、重いですが持ち運びもしやすいです。

本体は専用の電源ケーブルを用いて、起動します。

電源オンした直後にすぐに明るく綺麗に映像が投影されます。このへんが、レーザー光源式のプロジェクターの良さです。

電源を投入
▲電源を投入してみました
▲Android TV搭載です。

本体は、リモコンを使って操作できます。一般的なAndroid TVのものと同様、動画配信サービスのボタンやGoogleアシスタントのボタンもついていて、使いやすいです。

リモコン
▲リモコンもついています。

本体をもう少し見ていきましょう。

側面には、スピーカー(バスレフポート)になっていて、ここからDolbyオーディオとSound Dimentionを採用した3Dサラウンド音響が提供されます。

▲10Wの高出力スピーカーを2基、5Wのツイーターを2基搭載

底面は、三脚ネジ穴がついていて、三脚に取り付けて視聴することもできます。

三脚もつけられる
▲底面に三脚用の穴があり、取り付けられます。

リモコンがなくても、上部のタッチパネルで操作が可能です。

本体上部にボタンも搭載
▲本体上部がタッチセンサー式のコントローラーになっています。

それでは、次の章で実際に映像やサウンドをチェックしてみましたので、レビューしていきます。

Nebula Cosmos Laser 4Kを利用した感想

Anker Nebula Cosmos Laser 4Kを利用してみましたので、その感想や使い方を掲載します。

レーザー光源プロジェクターの映像美がすごい

Anker Nebula Cosmos Laser 4Kは、光源にランプを用いるのではなく、レーザー光源を用いています。

そのため、色の再現性が非常に高く、広色域であること、電源ON後に規定の輝度に達する時間が短いこと、寿命が長いことが一般的に言われるメリットです。

実際に利用してみても、特にその発色と輝度には驚きました。

私は普段popIn Aladdinを使っていますが、それと比較しても雲泥の差でした。

▲映画を見たが、かなりの映像美だった。(すみません、モザイクしてます)

稚拙な表現ですが、「液晶テレビが有機ELテレビになった」かのような発色の良さ・明るさでした。

YouTube動画などでも同様です。

▲YouTubeも発色がすごく綺麗で文字もしっかり見えます。

解像度は最大3840 x 2160(4K)、輝度は2400 ISOルーメンとなっており、ちょっと眩しいくらいです。

▲昼間での投影にも問題無し。

テレビと比較しても遜色のない性能と言えるほどでした。プロジェクターでこれはすごい。

PS5にも接続してみました。

▲PS5のトップ画面
▲原神のトップ画面。ものすごく綺麗に写ります。プロジェクターとは思えない発色の良さ。
▲MLB The Show。球場の景色が最高です!

ただ、このプロジェクターは、60fpsとなっており、PS5のリフレッシュレート(144Hz)を生かすほどではありません。

また、対戦ゲームをプレーする際にも、若干遅延がありました。

スマホアプリで「低遅延モード」にも設定できますが、基本的には映画視聴メインとなるかと思います。

オートフォーカス・台形補正で位置合わせがラク

また、本製品はオートフォーカス・自動での台形補正に対応しています。

▲オートフォーカス・スクリーンフィット・自動台形補正・アイガードを搭載

そのため、少し場所を変える場合でも、いちいち補正をせずに使い勝手が良い。これって結構手間なので。。。

▲オートフォーカス・自動台形補正を動画でチェック

この製品は、レーザー光源式であることによって、投影スピードも速いです。

こういった点の取り回しの良さが、Anker Nebula Cosmos Laser 4Kの良さであります。

高出力スピーカーも搭載でサラウンド感を味わえる

Anker Nebula Cosmos Laser 4Kは、10Wの高出力スピーカーを2基、5Wのツイーターを2基搭載しており、普通のプロジェクターとしてもかなりの高スペックです。

10Wスピーカーからの中低音は、迫力があり、ツイーターによって高音域までカバーします。

▲試しに音楽視聴してみたが、音場の広がりに優れた音質だった
YouTube:テンポがいい粋でカッコイイEDM/フリーBGM 無料音楽 [FMB])
▲Dolby空間を楽しめる

Dolbyオーディオ(立体音響)とSound Dimentionを採用しており、その音場感はすごい。とてもプロジェクター本体から出る音とは思えません。

正直これほどの出力を誇るのであれば、そこそこのサウンドバーよりも満足感があり、これ一台で十分です。

ホームシアターに接続するには、少し出力ポート数が少ないかなと感じます。(HDMI・USB・AUXが一つずつのみ、光デジタルは欲しかったですね。)

ポート
▲左から電源・HDMI・USB・AUXです

特に映画を見るのにはおすすめで、映画館のドルビーほど音場感ではさすがになかったですが、自宅で視聴するにはこれだけでも十分なように感じます。

Android TV対応|地上波も視聴可能

本製品は、Android TV OS 10.0が採用されています。

そのため、スマートテレビと同様、様々なAndroid TV対応アプリを楽しめます。

Android TVに対応していることにより、Googleアシスタントによる音声操作も可能で、サクサクと動作します。

テレビのインターフェースは、リモコンだと文字打ちしにくいので、音声検索があると便利です。

Googleアシスタントで調べ物
▲Googleアシスタントは調べ物にも使えます。
▲アプリはAndroid TVなのでGoogle Playから色々とダウンロードできます。

対応アプリは豊富で、YouTubeやNetFlixはもちろんのこと、AmazonプライムビデオやDisney+など、基本的なものはカバーします。

また、Torneアプリにも対応しているので、nasneのようなDTCP-IP対応レコーダーを使って、地上波放送の視聴も可能です。

▲nasneにつなげば、テレビも試聴できる
nasne側の仕様で高画質モードだと途切れ途切れになるので注意

もちろんTVerにも対応しているので、こういったテレビ視聴にも使えて色々なコンテンツを綺麗な映像で見られます。

おわりに

Anker Nebula Cosmos Laser 4Kは、レーザー光源プロジェクターであることによって、高画質・広色域で綺麗な映像視聴ができます。

スピーカーの出力もすごくて、映画なども迫力を伴って視聴できます。

高額な製品ではありますが、プロジェクターをこだわりたい方にとっては、満足のいく一品に仕上がっているかと思います。

以上です!

Kou

Kou

こんにちは!
BENRI LIFE(ベンリライフ)は、「IoT(モノのインターネット)」をテーマにしたガジェットブログです。
特に「スマートホーム」に関する情報が充実しています!
IoTツールで暮らしを便利に、快適に...
よかったら、色々見ていってください!

FOLLOW

カテゴリー:

\LINEのお問合せサービス始めました/

コンサルティング
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA