Anker Soundcore Liberty Neo 2 レビュー|この価格でこの音質は凄すぎる!

Soundcore Liberty Neo 2 実機

Ankerから2021年5月に発売された完全ワイヤレスイヤホン(TWS)、「Soundcore Liberty Neo 2」を購入してみましたので、レビューします。

この製品は、Amazonで実勢5,000円以下で購入できる価格の安いイヤホンです。

元々、私はBluetoothスピーカーのSoundcore 3を利用しており、Ankerの作る音を気に入っていて、このワイヤレスイヤホンにも気になり手にとってみました。

実際に使ってみると、まぁ音質が良い!機能性もノイキャン以外はバッチリです。

この価格にしては信じられないなと思いましたので、早速レビューしつつその魅力を紹介していきます。

 管理人:Kou

管理人:Kou

5,000円以下TWSの決定版といっても過言ではない!

Anker Soundcore Liberty Neo 2(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.2)【完全ワイヤレスイヤホン/ワイヤレス充電対応 / IPX7防水規格 / 最大40時間音楽再生 / 専用アプリ対応/PSE技術基準適合】
Soundcore

Soundcoreシリーズとは

充電器やスマホの周辺機器で有名な、Anker(アンカー)のオーディオ関連ブランドです。

Soundcoreシリーズの内、完全ワイヤレスイヤホン(TWS)には代表的なものとして、以下のラインナップが存在します。

項目Liberty Neo 2Liberty Air 2 ProLife A2 NCSoundcore Liberty Air 2Soundcore Life P2
BluetoothBluetooth 5.2Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0
コーデックSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AAC,aptXSBC,AAC,aptX
連続再生時間本体:10時間
ケース込み:40時間
本体:7時間
ケース込み:26時間
本体:7時間
ケース込み:35時間
本体:7時間
ケース込み:40時間
本体:7時間
ケース込み:40時間
ノイズキャンセリング
防水IPX7IPX4IPX5IPX5IPX7
充電端子USB-CUSB-CUSB-CUSB-CUSB-C
重量約59g約62g約67g約53g62g
価格4,999円12,980円9,990円7,999円4,999円

似たような名前でかなりややこしいのですが、今回レビューしているLiberty Neo 2は、その中でも以下の特徴があります。

Liberty Neo 2の特徴
  • 連続再生時間がやや長い
  • 価格はシリーズ最安クラス
  • ワイヤレス充電・IPX7クラスの防水あり
  • ノイズキャンセリング無し

ノイズキャンセリングがついていないのは、価格的に仕方のない部分もありますが、この価格の割にワイヤレス充電や防水にも対応しているのは機能的な特徴ではないでしょうか。

スペック表を見ても、ポイントを結構抑えていて、上位版のAir 2 Proと比較しても防水性能が高かったり、連続再生時間が長い一品です。

外観と本体機能について

以下が、Soundcore Liberty Neo 2の同梱品です。

Soundcore Liberty Neo 2 同梱品
▲本体、イヤーピース、充電ケーブルなど揃っています。

実際に、手に持ってみました。

手のひらサイズ!
▲手のひらに載せてもかなりコンパクト

本体を取り出してみると、表面はマットに、収納部はツヤありに仕上がっています。

イヤホンケース
▲そこそこ高級感が合って良い感じ。
ケースを開けてみた
▲中は光沢感のある仕上げ

ケースのサイズ感は、他のイヤホンと比べ細長い。ズボンのポケットに入れやすいかも。

Liberty Air 2 Proとの比較
▲Soundcore Liberty Air 2 Pro(左)との比較。
他社イヤホンケースとの比較
▲手持ちの他社イヤホンと比較(左からWF-1000XM3・本製品・Pixel Buds・AirPods Pro)

給電がUSB-Cなのがかなり嬉しいですね。最近はスマホから何までUSB-Cが標準になってきましたので、ケーブル統一できるのはありがたいです。

USB-C給電部分
▲給電コネクタはUSB-C

加えてワイヤレス充電や防水までにも対応しているのが素晴らしい。

実際に装着してみました。

装着感を確認
▲装着してみた。

フィット感は抜群ですね!上部のシリコンもしっかり機能しているように思いました。ランニングをしても全然落ちないです。

そのため、ノイズキャンセリングの機能はないものの、それがなくても遮音性は十分あると感じました。

いやはや、機能的な面では5,000円台にしては抑えるところをうまく抑えている感じ。

なお、リセットの方法は、以下のとおりです。

リセット方法
  1. デバイスの登録を解除
  2. 本体をケースにしまう
  3. 本体のイヤホンを8秒以上長押しし、赤ランプの点滅を確認

特にマルチデバイスで利用する場合にリセットは肝となるので、自分への備忘こみで掲載しました。

音質について

私がこのイヤホンで初めて音楽を聞いたときに驚いたのが、低音域の厚みです。

価格の割りに、Liberty Neo 2はそれを全く感じさせないほどベース音がズッシリと聞こえます。

構造としては、以下の通りSoundcore独自のBassUPテクノロジーが採用されているとのことで、これが寄与しているのでしょうか。

BassUPの解説
▲BassUpテクノロジーで低音域を最大43%増幅させるとのこと(画像:Anker

音質に関して、総合的には以下の通り。

音質
  • 高音:刺さる感じもなく、まろやかで伸びがある
  • 中音:特に目立った感じはないが、悪いというわけではなくバランスが取れている。
  • 低音:安価な割にかなり迫力がある
  • 音場:そこそこ。特に目立った点なし
  • 解像感:そこまで高いと感じない。やや柔らかめ。

総じて言うと、ロック・クラブミュージック向き。ドンシャリ傾向。

総評としては上記の通りですが、これが4,999円というのは驚くべきポイントですね。

この価格帯にしてはかなり迫力があると感じ、ノリの良いサウンドを楽しめます。

なお、コーデックはSBCとAACのみ対応で、aptXには非対応です。とはいえ、上位版のSoundcore Liberty Air 2 Proも非対応ですし、音質の悪さや遅延も特になしで価格から考えると十分すぎる感じ。

Android機は最近AACに対応しているものが多いものの、一応利用している端末が対応しているかはチェックしておきましょう。

また、今作のLiberty Neo 2は、スマホアプリ「Soundcore」を使ってイコライザーで音質調整が可能です。

アプリの設定
▲キモとなるのが、こちらのカスタム機能。スワイプで自在に音域を調節できます。

これで好みの音質に調節できるのも素晴らしいです。

このイコライザー機能は、バックグラウンドで音楽を流しながら調節することができるので、これで好みの音質に変えましょう。

私は基本的にはデフォルトで十分良い音質なのでこれを利用、ポップスを聞くときは「トレブルブースト」にして高音を強めにしています。

「ポップス」というプリセットもありますが、中音域重視でちょっと音がこもった感じがします。J-POPとか聞くならトレブルブーストの方が個人的には好きです。

トレブルブーストは低音が小さくなるので、バランスを取りたい方は、カスタムにして波形を揃えたのち、低音を少し上げます。

接続性について

Soundcore Liberty Neo 2は、コーデックとしてSBC・AACに対応しています。

そのため、特にiPhoneでは高音質で聞けるイヤホンとなっています。

Androidでは、Apt-Xに対応していないものの、最近では端末によりAAC対応しているものも多いです。

ただ、買う前にAmazonのレビューを眺めていた所、Bluetoothの接続性の悪さや、音飛びの指摘がされていました。

私はiPhone 12、Amazon Musicをメインに視聴していますが、今の所特にそういった症状はなし。手持ちの他の端末でもチェックしてみました。

端末名接続性備考
iPhone 12AAC
iPhone SE(第2世代)AAC
iPhone 8AAC
Pixel 4AAC
※Amazon Musicからの視聴。屋内、屋外、電車内、徒歩中で計測。

検証では、AACのみの接続ですが、指摘されていた接続性の悪さは感じませんでした。

これは、ファームウエアアップデートでも改善されているようですし、今の所特段気になりません。

Soundcore Neo 2のファームウエアアップデート
▲こういう感じのアップデートが入っていました。今後定期的に改善されるのではと思います。

応答性について(ビデオ通話・動画視聴・ゲーム)

ワイヤレスイヤホンは、最近のテレワークの流れで、音楽だけでなくオンライン会議(ビデオ通話)をメインに利用する方も多いのではないかなと思います。

そこで、オンライン会議時にも利用してみました。

MicroSoft TEAMSで利用。合計10時間程度利用。

実際に利用しても、AirPods Proなど他のイヤホンと同様に音声ははっきりと聞こえます。

様々な打ち合わせで利用しましたが、特にこちらが発声が聞き取りにくいと言われたこともなく、マイクはしっかりと拾ってくれます。

AirPods Proとの比較では、ほんの少しボヤけた聞こえ方や声が小さい、ほんの少し音割れを感じるといった点はありましたが、特に支障は出ません。

ノイズキャンセリングがない、といった欠点はあるもののオンライン会議に利用する分にはそこまで困らないですし、オンライン会議向けにコスパが良いやつを一つ欲しい場合にも、このイヤホンはおすすめです。

また、動画視聴として、YouTubeやAmazonプライム・ビデオも見てみましたが、特に遅延もなく快適に楽しめました。

おわりに

この「Anker Soundcore Liberty Neo 2」、5,000円台のワイヤレスイヤホンとしては決定版ではないかと言えるくらい、その音質の良さは素晴らしいものがあります。

加えて、防水・USB-C&ワイヤレス給電といった現代的な本体仕様もあり、とても使い勝手が良いです。

ノイキャンにこだわらない人は、これを買って間違いなし!と言えるほどの製品でした。

Anker Soundcore Liberty Neo 2(ワイヤレス イヤホン Bluetooth 5.2)【完全ワイヤレスイヤホン/ワイヤレス充電対応 / IPX7防水規格 / 最大40時間音楽再生 / 専用アプリ対応/PSE技術基準適合】
Soundcore

Amazonでのお買い物をする際は、ギフト券に現金チャージするのがおすすめです。

  • ギフト券購入の度に最大2.5%分のポイント還元
  • 初回5000円以上のチャージで1000円分のポイント還元

支払いはコンビニ・ATM・ネットバンキングで。簡単おトクなのでぜひ!

Kou

Kou

こんにちは!
BENRI LIFE(ベンリライフ)は、「IoT(モノのインターネット)」をテーマにしたガジェットブログです。
特に「スマートホーム」に関する情報が充実しています!
IoTツールで暮らしを便利に、快適に...
よかったら、色々見ていってください!

FOLLOW

カテゴリー:

\LINEのお問合せサービス始めました/

コンサルティング
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA