AppleOneとAmazonプライムはどちらがおすすめ?料金や特典を比較

appleone vs amazonprime

AppleOneとAmazonプライムは、AppleとAmazonの様々なサブスクサービスをまとめて契約できるものです。

どちらも動画視聴や音楽視聴、データ保存など多様なサブスクがあります。

ではAppleOneとAmazonプライムはどちらの方がおすすめなのでしょうか。

本記事では、AppleOneとAmazonプライムについて詳しく解説します。

また、両サービスの内容も細かく比較しているので、ぜひ参考にしてください。

AppleOneよりAmazonプライムの方がおすすめ

結論からいうと、AppleOneよりAmazonプライムの方が総合的に見ておすすめです。

Amazonプライムの方が月額料金が安いにも関わらず、契約できるサブスクサービスの特典が豊富だからです。

ただし、音楽視聴サービスだけで比較すると、Apple Oneで使えるApple Musicの方が使いやすいといえます。

Apple Music

Amazonプライムの契約のみで使える音楽視聴サービス(Prime Music)だと、スキップ再生に回数制限があったり、シャッフル再生の選択ができなかったりするためです。

とはいえ、さらに月額880円を支払ってAmazon Music Unlimitedに契約すれば、曲数や音質なども同等の使いやすさとなります。

Amazonプライム(月額500円)Amazon Music Unlimited(月額880円)を両方契約した場合、合計は月額1,380円です。

一方、Apple Musicだけ契約した場合、音楽視聴サービスのみで月額1,080円です。

たった300円の差で、前者であれば動画視聴サービスやデータ保存サービスなども使えるためコスパが良いといえます。

\今なら30日間無料体験できる/

プライム会員については、下記の記事で詳しく解説しているので、気になる方はぜひ参考にしてください。

AppleOne:Appleの4つのサブスクを月額1,200円で

Apple One - Apple(日本)

AppleOneは、下記の4つのサービスをまとめて月額1,200円(個人プラン)で契約できるサービスです。

また、月額1,980円で最大5人までと共有できるファミリープランもあります。

サブスク名月額料金概要
Apple Music月額1,080円1億以上の曲と30,000以上のプレイリストを楽しめる
Apple TV+月額900円Appleオリジナルの動画を楽しめる
iCloud+50GB:月額130円
200GB:月額400円
写真やファイル、ビデオやデバイスのバックアップなどを
最大200GBまで保存できる。
※AppleOneの個人プランでは、最大50GB
Apple Arcade月額600円200以上のゲームをApple製のデバイスで
制限なくプレイできる
参照:Apple

個人プランで考えた場合、月額合計2,710円となるサービスをAppleOneでまとめて契約すれば、月額1,200円と半額以下になるのです。

Appleのサブスクを使うなら、AppleOneに加入しておくとお得だといえます。

Amazonプライム:Amazonの様々なサブスクや特典を月額500円で

Amazonプライムは、下記の各サブスクや特典をまとめて月額500円で契約できるサービスです。

また、追加費用なしでサービスの一部を共有できる、Amazonプライム家族会員というプランもあります。

AppleOneとは違い、各サブスクや特典を単体で契約することはできません。

サブスク・特典名概要
Amazonの配送特典お急ぎ便やお届け日時指定便を無料で利用できる
特別取扱商品の手数料が無料大型家電や家具などの設置・回収にかかる手数料が無料となる
プライムビデオ映画やアニメ、ドラマなど豊富な映像作品が見放題になる
Prime Music1億曲の楽曲やプレイリストを広告表示なしでシャッフル再生にて楽しめる
※月額880円でスキップなし・楽曲指定で再生できる
Amazon Music Unlimitedに加入できる
Amazon Photos写真を容量無制限で保存できる。動画は5GBまで
Amazonフレッシュ生鮮食品から日用品を買えるネットスーパーを利用できる
Prime Try Before You Buy洋服やファッション小物を購入前に試着できる
プライム会員限定先行タイムセールタイムセールに通常より30分早く参加できる
Prime Reading対象のKindle本が読み放題になる
ベビー用おむつとおしりふきの15%オフおむつとおしりふきが定期おトク便で15%オフになる
Prime Gamingオンラインゲーム内で使える特典がもらえたり、
無料ゲームをダウンロードできたりする。
Twitchと連携すると、配信者を無料のサブスクで応援できる
家族会員の登録同居の家族を2人まで登録でき、主に配送特典や
セールの先行参加などの特典が受けられる
プライム限定価格での購入一部の対象商品を、通常の価格より割引された価格で買える
らくらくベビー・対象商品購入でベビー用品のご購入が10%オフ(らくベビ割引)
・所定の条件を達成すると、出産準備お試しBoxが実質無料となる
表:Amazonプライムの特典(参照:Amazon)

上記すべての特典やサブスクが、たったの月額500円で楽しめます。

特典多すぎ!実際に利用していますが、かなり破格のサービスです。

AppleOneとAmazonプライムを徹底比較!

ではAppleOneとAmazonプライムの月額料金や各種サービスを比較します。

サービスカテゴリAppleOneAmazonプライム
月額料金1,200円500円
音楽視聴Apple MusicPrime Music
動画視聴Apple TV+プライムビデオ
データ保存iCloud+Amazon Photos
ゲームApple ArcadePrime Gaming
表:Apple OneとAmazonプライムのサービス比較

それぞれ比較していきます。

月額料金はAmazonプライムの方が安い

月額料金は、Amazonプライムが500円と、AppleOneより月額700円安いです。

一般会員の場合

項目年額月額
年間プラン(一般)5,900円492円
月額プラン(一般)7,200円600円
表:Amazonプライム会員の料金(一般会員)※2023年8月の料金改定反映済み

AppleOneの半額以下と、かなり割安であると分かります。

Apple MusicとPrime Musicを比較

音楽視聴サービスであるAppleMusicとPrimeMusicを個人プランの場合で比較すると、下記の通りです。

結論からいうと、Apple Musicの方が使い勝手は良いといえます。

ただし、月額880円のAmazon Music Unlimitedに追加加入すれば、同レベルのサービスです。

サービス名Apple MusicPrime MusicMusic Unlimited
※追加で月額880円かかる
曲数1億曲以上1億曲以上1億曲以上
スキップ再生
※回数制限あり
オフライン再生
シャッフル再生選択可能選択不可
※常にシャッフル再生
選択可能
同時視聴可能台数1台1台1台
表:音楽サービス比較(参照:Apple MusicAmazon)

両サービスとも曲数は同程度です。

しかし、Prime Musicはスキップ再生に回数制限があったり、シャッフル再生の選択ができなかったりと不便な面があります。

使いやすさという点では、Apple Musicの方が良いです。

とはいえ、Amazon Music Unlimitedに月額880円で加入すれば、Apple Musicと同等のサービスとなります。

もし、Amazonプライム会員になって、快適に音楽視聴サービスも利用したいなら加入すべきです。

Amazon Music Unlimitedについては、下記の記事で詳しく解説しているので、気になる方はぜひ参考にしてください。

Apple TV+とプライムビデオを比較

動画視聴サービスであるApple TV+とプライムビデオを比較すると、下記の通りです。

結論からいうと、プライムビデオの方が作品数が豊富で良いといえます。

サービス名Apple TV+プライムビデオ
作品数非公開見放題は1万本以上
ジャンル※オリジナル作品のみ映画、ドラマ、
ドキュメンタリー、子ども向けエンタメ
映画、アニメ、ドラマ、
ドキュメンタリー など
オリジナル作品
同時視聴可能台数6台3台同作品の視聴に関しては2台まで
参照:Apple TV+Amazon プライムビデオ

そもそもApple TV+はAppleのオリジナル作品を楽しむサービスなので、最新の映画やアニメなどは取り扱っていません。

そのためAmazonのプライムビデオの方が作品数も多く、流行の作品を視聴できます。

同時視聴可能台数はプライムビデオの方が少ないものの、3台あれば3人家族を賄えるので十分といえるでしょう。

Amazonのプライムビデオについては、下記の記事で詳しく解説しているので、気になる方はぜひ参考にしてください。

iCloud+(写真)とAmazon Photosを比較

続いて、データ保存サービスであるiCloud+とAmazon Photosを個人プランの場合で比較してみます。

結論からいうと、Amazon Photosの方が、写真の保存容量が無制限なのでおすすめです。

サービス名iCloud+Amazon Photos
データ容量50GB写真:無制限動画:5GB
自動同期
共有最大5人最大5人
参照:iCloud+Amazon Photos

両サービスの大きな違いは、データ容量です。

iCloud+は50GBまでと上限がありますが、Amazon Photosは動画は5GBまでであるものの、写真は無制限と多く設定されています。

今後も写真を撮り続けていくとなると、iCloud+では上限が来てしまう日がくるかもしれません。

であればAmazon Photosに写真を保存して、動画は端末か別ファイルに保存する形にすると効率よく保存できるでしょう。

Apple ArcadeとPrime Gamingを比較

最後に、ゲームサービスであるApple ArcadeとPrime Gamingを比較してみます。

両サービスとも遊べるゲームが異なるので一概には言えませんが、Prime Gamingの方が特典が豊富です。

また、崩壊スターレイルやVALORANT、PUBGなど有名なゲームで使えるコンテンツを定期的に無料配布しています。

オンラインゲームをよくやる人なら、Prime Gaimingは登録しておいて損はないでしょう。

サービス名Apple ArcadePrime Gaming
遊べる無料ゲーム数200以上※常にアップデート36※毎月更新
その他の特典なし・ゲーム内コンテンツの無料配布
・Twitch配信者へ追加費用なしでサブスクで応援
・Twitch内で専用絵文字やチャットカラーなどの
 特典が利用可能
対応デバイスiPhone・MacなどのApple製品PCのみ
参照:Apple ArcadePrime Gaming

Apple Arcadeの方が遊べる無料ゲームの数は多いです。

一方、Prime Gamingは無料ゲームの数は少ないものの、ゲーム内の特別なコンテンツの無料配布やTwitchでの特典などがついています。

Prime Gamingでは、有名なオンラインゲームの限定特典を配布していることもあるので、オンラインゲームをよくやる人におすすめです。

ただし、無料で色々なゲームを遊びたいなら、Apple Arcadeが向いているといえます。

AppleOneよりAmazonプライムの方がコスパが良い

Apple OneとAmazonプライムを比較していえることは、Amazonプライムの方がコスパが良いということです。

月額料金がApple Oneの半額以下にも関わらず、Apple Oneと比較したサービスでは、音楽視聴サービスを除いて同程度もしくはそれ以上のスペックでした。

さらに、他にもAmazonの配送特典やネットスーパーの利用、セールの先行参加など様々な特典があります。

それらも加味すると、たった月額500円のAmazonプライムはかなりコスパが良いといえるでしょう。

音楽視聴サービスも快適にしたければ、Amazon Music Unlimitedに入れば問題ありません。

月額880円かかるものの、Amazonプライムの月額料金と合わせて1,380円と、AppleOneより月額180円高くなるだけです。

高くなったとしても、各種特典を考慮するとAmazonプライムの方がお得といえます。

\今なら30日間無料体験できる/

AppleOneの利用が向いている人

この記事は、Amazonプライムをおすすめしていますが、AppleOneの方が向いている人のポイントもありますので、合わせて解説します。

Apple Oneの利用が向いている人
  • Apple製のデバイスを複数持っている方
  • AppleOneの対象サービスを個別で2つ以上契約している人
  • 家族で個別にAppleOneの対象サービスを利用している人

Apple製のデバイスを複数持っている方

iPhoneやiPad、MacBookやApple TVなど、Apple製のデバイスを複数持っている方は、AppleOneの方がおすすめです。

AppleOneは、当然ながらAppleのデバイスで利用することを想定されて作られており、細かい管理・設定面や使い勝手が良い面も多いです。

  • AirDropで直接写真を送信できる(iCloudの写真アプリを利用する場合)
  • SiriでApple Musicの楽曲を直接呼び出せる
  • iOS純正の設定アプリからサービスの解約・再契約が簡単にできる
  • Macで利用する際にアプリのダウンロード等が原則不要(iCloudへのサインインのみ)

Amazonプライムでもこれらのことができるのですが、アプリを開いたり、追加設定が必要など、1ステップかかることが多いです。

そのため、Appleデバイスを複数使っている場合は、AppleOneにした方が使い勝手が良い場合が多いです。

iPhoneで音楽をよく聴き、かつAmazonをそこまで使わない方

先述の通り、音楽を同等のサービスレベルで比較した場合、AppleOneの方が月額180円安いです。

Apple Music(月額1,200円)と同等のサービスレベルで比較する場合、Amazonは「プライム会員(500円)+Music Unlimited(880円)=1,380円」となるためです。

そのため、たとえばiPhoneを利用していて、かつ音楽サービスのみ契約したい方の場合、上記の使い勝手の面からも、AppleOneの方が良いことも多いかと思います。

Amazonの方が特典は豊富なので、より万人受けするのはAmazonかと思いますが、中にはそれらに魅力を感じない方もいらっしゃると思います。

AppleOneでも、動画・写真・ゲームは一通り揃っているので、Amazonをそこまで使わなさそうな場合、AppleOneを選択するでも良いかと思います。

AppleOneの対象サービスを個別で2つ以上契約している人

Apple One - Apple(日本)

すでにAppleOneの対象サービスを個別で2つ以上契約している場合、AppleOneにした方が料金が安くなるのでお得です。

例えば、Apple MusicとApple TV+を個別で契約していた場合、月額料金は1,980円となります。

その場合、AppleOneを契約してしまえば、月額1,200円と780円安くしつつ、iCloud+とApple Arcadeも利用できるようになるのです。

このようにAppleOneの対象サービスを個別でいくつか契約しているなら、AppleOneでまとめた方がお得な場合があります。

家族で個別にAppleOneの対象サービスを利用している人

App Store、Apple Arcade、Apple Music、Apple News、Apple TV、iCloud、フィットネス App のアイコンがファミリー共有アイコンの横に表示されているところ。

家族がAppleOneの対象サービスを個別で契約しているなら、月額1,980円のファミリープランにまとめるとお得です。

例えば、自分はAppleOneを契約していて、父がApple Musicのみ、母がApple TV+のみ契約していたとします。

すると月額料金は合わせて3,180円です。

であれば最大5人までAppleOneのサービスを共有できるファミリープランに契約すれば、月額1,980円となり、月額1,200円も安く抑えられます。

かつ、父・母はAppleOneのその他のサービスも利用できるようになるのです。

家族がAppleOneの対象サービスを利用しているようなら、AppleOneのファミリープランにまとめるとお得になる場合があります。

おわりに

AppleOneとAmazonプライムは、AppleとAmazonの魅力的なサブスクをまとめて契約できるサービスです。

どちらも便利な点はありますが、総合的にみると、月額料金が安くて特典が豊富なAmazonプライムの方がコスパが良いといえます。

ぜひAmazonプライムを有効活用して、便利で楽しい日常生活を送ってください。

\今なら30日間無料体験できる/

プライム会員については、下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

BENRI LIFE

BENRI LIFE

こんにちは!
BENRI LIFE(ベンリライフ)は、IoTやAIなど先進技術を活用し、暮らしを便利で快適にすることをテーマにしたガジェットブログです。
特に「スマートホーム」に関する情報を充実させています!
よかったら、色々見ていってください!

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA