新型Echo Show 10(第3世代)がすごい!違いや評判・使い方について解説

2020年9月25日に開催された「Amazon 秋の新製品発表会」で、ほとんどのEchoシリーズが更新されましたが、その中でもひときわ目立ったのが「Echo Show 10」

今回は、最新版モデルとなる「Echo Show 10」(2020年発売の第3世代)について、その特徴や違い、使い方などを解説していきます。

20台以上のEchoを持つ私が選び方について徹底比較します!
▲所持しているEcho。今回ももちろん買いますw
 管理人:Kou

管理人:Kou

これまで利用してきた経験を踏まえ、使い方も含め解説します!

2020年9月26日現在、まだ未発売の製品ですが、現行Echo Showの使い方や公式発表の情報を元にまとめています。

Echo Show 10 第3世代の違い|使い方交え解説!

Echo Showには、画面インチ数ごとに「Echo Show 5」「Echo Show 8」「Echo Show 10」の3つが存在します。

まずはそれらと新型Echo Show 10のスペックを比較していきましょう。

スペック

Echo Show 10(第3世代)Echo Show 10 (第2世代)Echo Show 8Echo Show 5
画面
(解像度)
10.1インチスクリーン
(1280 x 800)
10.1インチ
(1280×800)
8.0インチ
(1280×800)
5.0インチ
(960×480)
サイズ251 mm x 230 mm x 172 mm、2560 g246mm x 174mm x 107mm、1,755g200mm x 136mm x 99mm、1,037g148mm x 86mm x 73mm、410g
スピーカー2.1チャンネルシステム: 1インチツイーター x 2 (ステレオ)、2.5インチウーファー2.2インチ 10W スピーカー x 2、パッシブラジエーター2.0インチ 10Wスピーカー x 2、パッシブ低音ラジエーター1.65インチ 4W スピーカー
カメラ13MP5MP1MP1MP
首振り機能◯ ※左右175度(350度)回転
外部出力BluetoothBluetooth・Bluetooth
・3.5mmオーディオケーブル
・Bluetooth
・3.5mmオーディオケーブル
Dolby対応不明Dolby Audio
スマートホームハブ
電源30W30W30W15W
定価¥29,980¥27,980¥14,980¥9,980

特に、今作からディスプレイ(カメラ)の「首振り・自動追尾」機能が搭載されたのがビックリなところ。

Product Images – Amazon Echo Show 10

それ以外の性能面では、内蔵カメラの画質が大幅に向上しており、ウーファーが登載されているのが特徴です。

一方で、ディスプレイ解像度が据え置きなのはちょっと残念ですね。

また、従来Echo Show 10は奥行きが想像以上に大きかったのですが、今作からさらに大型化し、設置スペースには工夫がいりそうです。

その上で、実際の利用を考えたときに、新型の特徴について使い方を交え解説します。

ビデオ通話に最適!

Echo Showはその評判などを見ていると、音楽やスマートホーム(家電の音声操作)に匹敵するほど「ビデオ通話機能」が人気となっています。

▲スマホのアレクサアプリから自宅のEcho Showにビデオ通話することも可能です。

私も頻繁に使っていますが、このビデオ通話は以下のメリットがあります。

Echo Showでビデオ通話のメリット
  • アレクサに相手の名前を呼ぶだけで、即座に通話可能
  • 電話代がかからない(ネット通信量は取られる)
  • 据え置きタイプなので、ビデオ通話しやすい(固定電話のように扱える)

※利用できるのは、Alexaアプリに登録(アレクサコール機能を有効化)している人のみです。

今までのEcho Showでも十分OKだったのですが、新型Echo Show(第3世代)から人を検知してディスプレイ(カメラ)が自動追尾するようになりました。

Amazon公式サイトより

今までは、Echo Showの前にいなくてはならなかったのですが、この機能により移動しても常に正面で捉えてくれるようになるので、かなり便利になりそう!

動画がさらに見やすく!NetFlixにも対応予定

Echo Showでは、アレクサに以下のように話しかけることで動画再生が可能です。

▲アレクサでコントロールすることもできます

例として、プライムビデオ。

再生関連

できることフレーズ備考
プライムビデオを開くアレクサ、プライムビデオを見せて
ウォッチリストを開くアレクサ、ウォッチリストを見せて・番号で検索が可能
作品名で検索アレクサ、内村さまぁ〜ず(”タイトル”)を再生して
俳優の名前で検索アレクサ、松本人志(”俳優の名前”)を見せて
チャプター・シーズンで検索アレクサ、24-TWNETY FOUR(TV番組・ドラマのシリーズ)のシーズン1を見せて
他の動画サービスを開くアレクサ、YouTubeを開いて・チャンネル検索が音声で可能
NetFlixに対応予定
表:プライムビデオ再生の音声コマンド

コントロール関連

できることフレーズ備考
一時停止アレクサ、止めて
再開アレクサ、再開
巻き戻しアレクサ、10秒巻き戻して・分数、秒数指定が可能
早送りアレクサ、10秒スキップして・分数、秒数指定が可能
チャプター移動アレクサ、次の章にして
表:プライムビデオのコントロール関連機能

Echo Show 10発売に合わせて、ついに「NetFlix」にも対応予定となりました!これは嬉しい!

対応サービス(動画配信)
  • プライムビデオ
  • YouTube
  • Paravi
  • ひかりTV
  • NetFlix(対応予定)

Fire TVと比べるとまだまだですが、着実に増えていっていますね。

しかも、今回「自動追尾」機能により、常に画面が正面になるよう、Echo Showのスクリーンが追いかけてきてくれます。

Echo Showはテレビと違ってコンパクトサイズなので、場所を少し移動したときに見づらくなるのが欠点でした。

しかし、今回の追尾機能により、動画をより一層集中してみることができるようになりそうですね!

外出先から部屋の様子を見渡せる

新Echo Show 10では、内蔵カメラにアクセスして、外出先から部屋の様子が確認できるようになりました。

これは、今までは「ネットワークカメラ」との連携や、「家のEcho Show宛にスマホのアレクサアプリから電話をかける」ことで実現できました。

▲私は、こういったペットの観察用途に利用していました。

しかし、この機能により、見守りカメラとしての使い方ができるようになったため、カメラを購入したりわざわざ通話することが不要になりましたね。

Amazon公式サイトより

しかも、パンチルト(首振り)対応なので、部屋中を見渡すことができます!

ペットカメラ・高齢者の見守り・防犯など様々な用途に使えそうですね。

音楽再生は歌詞にも対応。ウーファー搭載で低音域もアップ?

Echoシリーズの売りの機能といえば、「音楽再生」。

アレクサに話しかけて、自在に操作ができます。

再生方法

できることフレーズ
適当に音楽再生音楽をかけて
指定の楽曲を再生アレクサ、 (楽曲/アルバム/プレイリスト)を再生して
気分に合わせて再生アレクサ、「(気分)系の楽曲を再生して」
年代で再生アレクサ、「〇〇年の音楽をかけて」
ステーション名で再生アレクサ、「(ステーション名)を再生して」
プレイリストを指定して再生アレクサ、「(プレイリスト名)を再生して」
歌手を確認アレクサ、このバンドのリードボーカルは誰?」
プレイリストに追加アレクサ、「 (楽曲/アルバム/アーティスト)を(プレイリスト名)に追加して」
プレイリストの作成アレクサ、「プレイリストを作成して」
表:アレクサで音楽を再生する方法

再生コントロール

できることフレーズ
停止アレクサ、「止めて」
再生アレクサ、「再開」
シャッフルアレクサ、「シャッフルして」
リピートアレクサ、「リピートして」
音量上げ下げアレクサ、「音量を上げて/下げて」
スキップアレクサ、「スキップ」
スリープタイマーアレクサ、「30分で音楽を止めて」
表:アレクサの音楽再生コントロール

基本的にEchoはモノラルスピーカーですが、Echo Showシリーズは単体でステレオ再生できるのが売り。

新型Echo Showでは、ウーファーも搭載されています。

従来パッシブラジエーターで強めの低音域が特徴的でしたが、これでより迫力ある音楽・映画視聴を楽しめそうです。

Echo Show 5の歌詞表示
▲しかも対応楽曲なら歌詞つきで楽しめる!

ちなみに、「Amazon Music Free」で無料で音楽視聴も可能ですが、「Music Unlimited」を契約すれば、6,500万曲以上が楽しめます。

自動色彩調節機能も搭載、写真をより鮮やかに

Echo Showでは、写真を見ることができます。

▲デジタルフォトフレームとしても使えるんです、合わせて音楽を流すと良い雰囲気に^^

しかも、新Echo Show 10では、自動色彩調節機能も搭載しています。

他のEcho Showシリーズでは、「明るさの自動調節」しかなかったので、写真がより鮮やかに映るものと見られます。

ちなみに、Echo Showでは、プライムフォトと連携できます。

写真を無劣化・容量無制限で保管でき、Echo Showから自在に呼び出せます!

プライムフォトの呼び出し方

できることセリフ
写真をランダムに見るアレクサ、写真を見せて
指定のアルバムを見るアレクサ、韓国旅行(アルバム名)を見せて
日付で検索アレクサ、1月(年月日)の写真を見せて
場所で検索アレクサ、静岡市(場所)の写真を見せて
人物で検索(※)アレクサ、佐藤(人物名)の写真を見せて
(※)Amazonフォト側で人物の説明欄に名前を入力しておく必要がある

上記セリフで別の写真が出てきてしまう場合は、冒頭に「アマゾンフォトで」と言うと検索精度が上がります。

スマートホーム(家電の音声操作)ももちろん可能

Echo Show 10(第3世代)にもスマートホームハブが内蔵されており、スマート電球などを利用する際に、専用のネットワークハブは不要に。

また、もちろんアレクサを搭載しているので、アレクサ対応の家電やスマートホームデバイスを組み合わせることで、家電の音声操作ができちゃいます。

▲私も毎日のように使ってます。極めるとここまでできますw

特におすすめなのは、スマートリモコン

これ一つ買うだけで、「エアコン・テレビ・シーリングライト」など赤外線リモコンで操作する家電をまるっと音声操作することができるようになります。

スマートリモコンの仕組み:概念図
▲スマートリモコンが家電とのハブ(中継機)的な役割を果たします

他にも、先述の通り、内蔵カメラで「外出先から部屋を見渡せる」機能があるため、追加のネットワークカメラなしで、以下のようなこともできるかも?

その他の使い方

Echo Showでは他にも様々なことに利用できます。

上記取り上げた中でよく使うのは、タイマー・アラーム天気・ニュース・ラジオの再生ですね。

詳細は以下の記事にまとめています。

Echo Show 10(第3世代)みんなの反応・評判

以下で、Amazon新製品の発表後に出現したEcho Show 10(第3世代)の評判・みなさんの反応も合わせて紹介。

https://twitter.com/tokio08/status/1309450203276042240?s=20

全般的に、やはり「首振り(自動追尾)」機能に多くの注目が集まっていました。

すごい斬新な機能ですからねw ロボットみたいと形容している方も。

発売後、みなさんの評判についても改めて掲載しておきます。

Echo Show 10(第3世代) まとめ

発売予定となる、「Echo Show 10」の特徴をまとめます。

Echo Show 10 ポイント
  • ディスプレイの首振り・自動追尾機能を搭載
  • 内蔵カメラの画質強化・解像度は据え置き
  • 外出先から部屋を見渡すことが可能(見守りカメラ用途を兼ねられる)
  • ウーファーを搭載
  • 自動色彩調節機能の追加

性能が正当進化しつつ・ディスプレイ(カメラ)の首振りといった斬新な機能もあって面白い!

発売されたら、別途レビュー記事も掲載しますのでお楽しみに!

Amazonでのお買い物をする際は、ギフト券に現金チャージするのがおすすめです。

  • ギフト券購入の度に最大2.5%分のポイント還元
  • 初回5000円以上のチャージで1000円分のポイント還元

支払いはコンビニ・ATM・ネットバンキングで。簡単おトクなのでぜひ!

Kou

Kou

こんにちは!
BENRI LIFE(ベンリライフ)は、「IoT(モノのインターネット)」をテーマにしたガジェットブログです。
特に「スマートホーム」に関する情報が充実しています!
IoTツールで暮らしを便利に、快適に...
よかったら、色々見ていってください!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA