【2018年】Amazonサイバーマンデーの真の目玉商品とは「Amazonデバイス」である

え?Amazonデバイス?それってキンドルとかエコーとか?でもそんなの当たり前じゃないですか?

はい、当たり前です。でも、Amazon大好きで、毎日のようにAmazonの最新情報を追い、毎度このセールで消耗した私が今回たどり着いた、一つの結論なんです。

2018年12月7日18:00から12月12日23:59まで、今年もAmazonサイバーマンデーが開催されます。

私もプライムデーを含めて毎年最初から最後まで参戦しており、少なくとも毎回10万円以上は使っています。

そして、このように毎年セールで消耗してきて、1つ思うことがありました。それは、Amazonサイバーマンデーは本当の意味でお得なイベントなのかどうかと言うことです。

今回は、真性Amazonマニア(笑)の私が何故タイトルのようなことを思ったのかを勝手ながら語りたいと思います。

注意
この記事は、Amazonサイバーマンデーというイベントにおいて、本当に狙うべきものは何なのか?という観点で書いています。「セールというイベントそのものを楽しみたい」という方には返ってその妨げになる可能性があるため、他のサイトを閲覧いただくことをお勧めします。

Amazonサイバーマンデーは本当におトクなのか?

Amazonサイバーマンデーは、その圧倒的な情報量から見ても、確かにお買い得に見えます。特にタイムセールの製品には、普通に買うよりも明らかにお得な掘り出し物といえるものもいくつかあります。

Amazonには「電化製品」から「生鮮品」、果ては「お酒」からなんと「車」まで多岐にわたる商品を取り扱っており、それらがサイバーマンデーのセール対象品として続々と投入されてきます。

そして、Amazonでのお買い物は、ブラウザからの利用やスマホアプリ、ダッシュボタン、果てはAmazon Echoからの音声ショッピング、などデジタルな世界では驚異的とも言える間口の広さから、ポチポチ(話しかけ)していけばすぐに買えてしまう、シンプルなインターフェースと培ってきた便利な決済システムが備わっています。

そしてAmazonサイバーマンデーとなれば、その勢いは加速します。気をつけなければどんどん買えてしまう、驚くべきほどシームレスな仕組みです。

しかし冷静によーく見てみると、全部が全部本当にお得といえるのか?というと微妙な点があります。以下の内容です。

大半が「型落ち品・量産品・前からある製品」である

これはAmazonサイバーマンデーとはいえ、一般的なセールと変わらないので当たり前なのですが、ほとんどの製品は「型落ち品・量産品・前から売られている製品」のどれかに類するものです。

それらを上述したAmazonのシームレスな購入体験や豊富な特典で、いつ必要になるか、本当にお得なのがが不明瞭なまま「何となく」購入できてしまいます。

これらが、本当にこのAmazonサイバーマンデーで購入すべきものなのか、必要になってくるのかを、AmazonのWebサイトに接続できるデバイスから一旦離れ、よく考えてみてください。

私は無駄買いをこれまでガンガンしてしまったために言いたいのですが、振り返ってみると例えば食品系なら近所のスーパーの特売セールの方が安かったり、雑多な製品ならそこらへんでいつでも行けるドンキとかで買った方が安くて色々選べるモノもあったりしました。

型落ち品はもしかしたらその直後に後継品のものが発売されることの予兆かもしれませんよ。

と色々冷静になって考えてみると、このAmazonサイバーマンデーという一大イベントにおいても、本当にお得で、必要なものはそんなにないんじゃないか?というのがまずもって喚起したいことです。

便利な機能・誇大広告が思考を停止させる

上述した通り、Amazonでの買い物体験は驚くほどシームレスであり、刺激的であり快適です。それがサイバーマンデーになるとますます加速します。

特に「限定タイムセール」のパワーはかなり強烈です。あの赤いバーがリアルタイムで徐々に進んでいく様子をみると、ついポチってしまいます。

「ウィッシュリスト」も簡単にポチって保存でき、セール開催にはスマホに通知をくれるのでめちゃくちゃ楽にセール参加ができます。

また、Googleで検索すれば、多くのサイトで「おすすめ製品」が紹介されています。しかしその量があまりにも膨大で、逆にどれが本当にお得なのかわかりません。

よって、本当にお得なものはどれなのか?それがサイバーマンデーという巨大セールだからこそきちんと見極めをして、本当にお得なものを見つけることが重要と考えます。

買い物をするには随分当たり前の話なのですが、とにかくAmazonサイバーマンデーの魔力は強烈なものがあり、様々な誘惑で思考停止しないためにもあえて掲載します。

長期間タイムセールへの参戦による機会損失

サイバーマンデーのセールは2018年12月7日(金)18:00〜2018年12月11日23:59までです。なんと100時間もの間開催されます。

その間にタイムセールは時間帯ごとに続々と出てくる形式です。ウィッシュリストの活用とその通知である程度なんとかなる部分はあるものの、いつお買い得品が出てくるかわかりません。ほぼ常時見張っていなくてはならないのです。

しかも、本当にお得な限定セールはライバルが多いため、ものの数秒でキャンセル待ち状態になってしまいます。誰よりも見張っていたからといって、最後は運。確実に買えるとは限りません。

この忘年会シーズン、クリスマス直前、かつ世間一般のボーナス前後の休日。人との交流や遊びが捗る時期に、このタイムセールに張り付くことは、結果的に時間というコストをすでにAmazonへ支払っており、大きな機会損失になる可能性があることにご注意ください。

この期間は決済サービス「PayPay」のキャンペーンがあまりにも強すぎる


画像:PayPay

実は一番述べたかったのはコレです。これはサイバーマンデーとは全く関係がないのですが、去る2018年10月に、ヤフーとソフトバンクの合弁会社であるPayPay株式会社が、QRコード決済サービスPayPay(ペイペイ)というものをリリースしました。

このPayPayというサービスが2018年12月4日から2019年3月末まで「100億あげちゃうキャンペーン」というのを実施しており、なんとこれを利用するだけで20%還元、かつ最高10%の確率で決済した金額が全額(10万円まで)戻ってくるという驚愕のキャンペーンを実施しています。

これは、加盟店での支払いであればどれでも対象になってくるので、当然のごとく対象店舗に存在する最新製品(型落ちなし)も買えてしまいますし、例えば普段ポイント還元率の低い人気のApple製品すらもこのキャンペーンを適用して実質大幅値引きとして購入できます。

加えて例えば家電量販店なら、これにさらに量販店のポイントもつくことになります。その店舗で開催されるかもしれないセールに重ねて利用できれば、サイバーマンデーの限定タイムセールをゆうに超える、とんでもない割引で買える可能性だってあるんですよ。

ただし、これはQRコード決済のサービスであり、基本実店舗向けのサービスとなります。Amazonサイバーマンデーでは利用することができません。よって同じ持ち金であれば、Amazonサイバーマンデーで買うか、実店舗でPayPay経由で買うかは二者択一。

しかし、この対象店舗であれば、自分がほしい任意のモノ・最新製品がセール相当あるいはそれ以上の還元率で、かつ自分の好きなタイミングで店に行って購入できてしまうPayPayの特典はあまりにも大きく、その注目度としてみると、今回ばかりはAmazonサイバーマンデーよりこちらに軍配が上がるでしょう。

MEMO
12/7追記:今現在セールが開催されていますが、例えば今回から開始したApple製品も大半が型落ち製品で、10%程度の値引率しかありません。PayPayだと型落ちなしの世代でも実質20%+さらに全額戻ってくるキャンペーンもあり、こちらの方が普通にお得です。

どんなにお得なセールが開催されようと、結局のところ自分が持っているお金は有限ですから、このサイバーマンデーで無駄なものは買わずに貯めておき、PayPayに代表されるお得なキャンペーンへの参加や、その他年始にあるマルイとかのセールまで貯めておくなど、使い所を分けるのが本当の意味でお得に買い物できるのではないかと思うのです。

2018年末において、その筆頭はこの「PayPay」です。大々的に宣伝されているため多くの方がご存知と思いますが、気になる方は見てみてください。

参考 PayPay - QRコード・バーコードで支払うスマホアプリPayPay株式会社

ではどう活用すべきか?

これまでほとんどがネガティブなことしか述べていませんが、同等イベントのプライムデーも含めると年に2回しかありません。やはり、Amazonもかなりの施策を打ってきます。

ではそんなAmazonサイバーマンデーにどのように接するのが最も良いか?考えた末に誰の目にも明らかである、ごく当たり前の結論に達しました。

それは、一旦あらゆるセール品から目を離し、時間限定タイムセールを追わず、この期間ずっとお得に購入(入会)できる「Amazon製の製品・サービス」に的を絞ることです。

このタイミングで注力して買うべき本当の目玉商品とは「Amazonデバイス」(及びその付帯サービス)である

まず大前提として、「Amazonデバイス」はAmazonがメーカーです。その販売には当然通販サイト:Amazonが最も力を入れています。ゆえに、Amazonが最も大きく金額調整(値引き)できます。

そして、そのAmazonが開催する年に2回だけの最大級のセールイベントですから、これらは当然お得になっています。

まずこの誰もが知っている明らかな事実により、他の店よりも「安く」他の期間のAmazonセールより「お得」である可能性が高いため、相対的に見ても絶対的に見てもお買い得であると言えます。

例えば上記でPayPayの話をしましたが、PayPayが利用できる店舗では、Amazon製の製品をサイバーマンデー相当の金額で買うこともほぼできないため、このようなことを言っています。

さらに言えば、これらは時間限定タイムセールと比較し、ほぼ常時開催です。上述のように、常に張り付く必要もありません。自分の好きなタイミングで買えば(加入すれば)いいので、時間というコストの損失も最小限で済みます。

具体的に言うと以下の製品・サービスとなります。当たり前のことでもいざ明示してみると、改めてその凄さを実感できます。

「最新」のAmazonデバイスがもうセール対象になっているという事実

先述の通り、Amazonでセール対象となっている製品は多くが型落ち、古いものが対象となっています。

しかし、Amazonが出している製品は、「最新製品でも容赦なく、ありえない値引き率」で出してきています。

実際のところはセールが開始されてみないとわからないので、ここで、私の体験をベースに一例をあげましょう。これは「Amazon Echo Dot 第3世代」という2018年10月30日に発売された、話しかけて操作できるデバイスの最新世代の一つです。私は1個5,500円で買いました。

私はワクワクしながらこの製品を予約して、18年10月31日に到着しました。で、1ヶ月も立たないうちにセール対象となり、なんと実質半額になってしまいました。むしろ2個買っても単体より安くなるという謎設定です。笑
(これを初めて見た時、私はAmazonに猛烈な怒りを覚えつつも、なんだかんだお得なのでウキウキしながらポチってしまったあの「謎の高揚感」を今でも鮮明に覚えています。)

Amazonは、世界一の通販サイトであるだけでなく、メーカーでもあるがゆえにこういうことを平気でやってきます。

特にAmazon Echoシリーズは、Amazonが最近ゴリ押ししているデバイスであり、家に一台導入するだけであらゆるモノ・コトを音声操作できてしまう最先端のデバイスです。そのようなデバイスもセール対象になります。

おなじみセール対象品予告:「ちょっと見せます」シリーズにも、すでにこれだけのAmazonのデバイスが登場してきています。もはや何が「ちょっと」なのかわかりません。セール開始になったら、さらにラインナップが増えることでしょう。

MEMO
セールスタートしましたが、やはりほぼ全てのデバイスがかなりの割引率となっています。定価とはなんだったのか…笑。以下に掲載するもの以外にも型落ち製品もかなり安くなっているので見に行ってみてください。

Echo 第2世代(2018年4月発売)

Echo Spot(2018年6月発売)

Echo Dot 第3世代(2018年10月発売)

Fire HD 8 タブレット(2018年10月発売)

Kindle Paperwhite 防水機能搭載モデル(2018年11月発売)

▲ちなみに私はほとんど発売日に買いました。。。セット販売とかでそれなりに安かったのですが、サイバーマンデーを見てしまうとうん、やっぱりね。。。(Kindle PaperWhite防水モデルだけ学習してなんとか踏みとどまりました笑)

これらは上述した型落ち商品でもなんでもないんですよ。最新の製品が単純に安くなるという改めて書き出すと驚愕の事実です。

もちろんAmazonデバイスの型落ち商品も安くなるかと思いますが、さすがに上記の最新製品がここまでの量でセール対象になることはそこまで頻度が多くないため、上記が特にお買い得と言えます。

つまりサイバーマンデーとは、Amazonが作った最新かつ最先端の製品競合セールに一切踊らされる(消耗する)ことなく純粋に爆安で買えてしまうセールなのです。

これらが特に必要ないと言う方もいるでしょう。大丈夫です。セールだからといって必要ないならAmazonでは買わなければいいだけの話です。他にお得なイベントはたくさんあります。ここで使わなかったお金はPayPayにチャージしちゃっても、年始のセールにあくせくしてもいいと思います。

ただ、これら最新のAmazonのデバイスに少しでも魅力を感じ、欲しいと思ったなら、もうこのタイミングしかないです。

Amazonデバイスを使うなら必須となる「Amazonプライム」もおトク

Amazonプライム会員は、わずか年会費3,900円(325円/月)または月額400円であらゆるAmazonの特典が使い放題になるサービスです。これもサイバーマンデー(+プライムデー)の期間のみ、1ヶ月無料で試せるのでお得です。

特典といってもざっとこれだけのものが存在します。

  1. お急ぎ便が使い放題
  2. プライムビデオで対象の映画・TV番組見放題
  3. プライムミュージックで100万曲以上が聴き放題
  4. プライムリーディングで数百冊の本や雑誌が読み放題
  5. Amazonパントリー(食品・日用品)が利用可能に
  6. Amazonフレッシュ(生鮮品の購入)が利用可能に
  7. Amazonフォトの無制限フォトストレージが利用可能に
  8. 定期おトク便が利用可能に
  9. Amazonダッシュボタンによるワンプッシュ注文が利用可能に
  10. 限定セールに参加可能(今回のサイバーマンデーも含む)
  11. 上位有料サービスにお得に加入(Music Unlimitedなど)
  12. Amazonデバイスの割引(Fireシリーズ、Echoシリーズなど)
  13. Amazonカードのポイント還元率が増加
  14. Prime Now(最短1時間で届く)が利用可能に

上記のようなこの価格で日常生活においてこれだけ多くの有用な特典が受けられるサービスはAmazonプライム以外にないといっても過言ではありません。

また、今回の主旨とは少し外れますが、数量限定タイムセールの一部においては、最初の30分間はAmazonプライム会員だけが参加可能です。人気の商品は数十秒でキャンセル待ちになってしまうので、Amazonプライム会員になっておかないと、実質セールに参加できないというにも等しいです。とりあえず加入することをお勧めします。

また、上記で大変お得とお話しした、AmazonのデバイスはこのAmazonプライムをフル活用するためにあるといっても過言ではありません。

Fire TV Stickを利用するなら「プライムビデオ」は必須。Kindleを利用するなら、「プライムリーディング」はあった方が便利、もちろん「プライムビデオ」や「プライムフォト」も見れちゃいます。Amazon EchoはMusic Unlimitedのことまで含めると、最低限「プライムミュージック」がないと楽しめません。

とりあえず、Amazonデバイスのどれかを持ち、このプライム会員に入っているだけで生活がかなりリッチになる、通販サイトだけではないもう一つのAmazonの強力なエコシステムです。

ついでに入っておきたいサービスも超お得

先ほど「Amazonプライム」を紹介しましたが、その関連として、Amazonは「モノ」だけでなく、「サービス」も多く提供しています。

これらは、サイバーマンデー限定というわけではないのですが、同じ期間でかなりお得に入会することが可能です。

しかもこれらサービスは、上記Amazonのデバイスのコンテンツとして楽しめるものなので、気になるものがあればこれを期に合わせて入会するのはアリですね。

Audible

本を聴くことができる、オーディオブックサービス「Audible」の人気作品が70%OFFになっています。

最近Amazon Echoからも視聴可能となり、ますます使い道が広がりました。

55作品が対象商品となっており、サイバーマンデーが終わる、12月11日1時59分までキャンペーンを開催しています。

Kindle Unlimited

本の読み放題サービス:Kindle Unlimitedが2ヶ月99円(通常月額980円)で試し読みができます。

当然、Kindleデバイスで利用することを想定して設計されています。もちろんスマートフォンなどからでも閲覧可能です。

これもサイバーマンデーが終了する12月11日1時59分までキャンペーンを開催しています。

Music Unlimited

プライムミュージックは通常100万曲以上が再生可能となりますが、これにアップグレードすることで、4000万曲以上視聴が可能になります。通常プライム会員は780円で入会できますが、3ヶ月99円で利用できるキャンペーンを開催しています。

これはAmazon Echoシリーズ(特にディスプレイ付きモデルは歌詞表示も可能)と相性がよくオススメです。

サイバーマンデー終了後の2019年1月4日までの申し込みが対象となっています。

おわりに:Amazonは世界一の通販サイトであると同時に世界有数のメーカーである

Amazonは世界一の通販サイトであると同時に、Amazon Echoのような時代の最先端をゆくデバイスから、Amazonベーシックのような多数ラインナップを誇るプライベートブランド、またAmazonプライム(及び付帯する特典)といったサービスから果てはAmazonギフト券といった金融商品まで、実はAmazon自ら作り上げた多くの魅力的な商品があります。

サイバーマンデーというイベントにおいては、Amazonは世界一の通販サイトであると同時に、世界有数のメーカーであることに再注目すべきです。

そしてそのAmazonが作り上げたものは、基本的にAmazonでしか買えないと言っても過言ではありません。そのAmazonが開催する最大級のセールがこのサイバーマンデーです。

Amazon以外で買えるものは、PayPayのようなわけのわからない還元率をほこるサービスや、他のセールも含めうまく使っていき、このセールでは本当のお買い得品である「Amazonデバイス」(及び付帯サービス)に的を絞って買う。

もちろん万人にとっての最適解はないので、いやいやAmazonでしか買えない超お得なものもたくさんあるよ!という意見もあると思います。

何が言いたかったのかというと、このように本当にお得なところをいいとこ取りして、上手にお買い物をしていきましょう!ということで、私も今回はこの考えの元お買い物をしていくので、特選タイムセールに踊らされない(自戒含む笑)ためにも改めてこの記事にまとめた次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です