Amazonプライムデー(2019)でスマートホームを始めよう!Echoやスマート家電などのおすすめ・目玉商品

Amazonプライムデー

今年もAmazonプライムデーがやってきました!

開催期間は、2019年7月15日(月)0:00〜2019年7月16日(火)23:59までの2日間に渡る大セールです。

このブログは、ほぼ全ての記事がスマートホームデバイスに関する情報を扱っていますので、その知見を活かしおすすめのスマートホームデバイスやスマート家電を紹介していきたいと思います。

“2019/7/15”
プライムデー開始!随時更新中です。

プライムデー2019はスマートホームを始めるのにうってつけ!

SmartHome

この記事ではスマートホーム関連商品に絞って紹介していきますが、プライムデーはスマートホームを始めるのにうってつけなイベントです。なぜかというと以下の通りです。

要となるAmazon Echoが安価に手に入る

スマートホームの中心となるのはスマートスピーカーですが、スマートホーム分野において現状最も発達している音声アシスタントはAmazon Alexaです。

このAmazon Alexaはことスマートホーム分野において、他の音声アシスタントと比較して多くの機能を持っています。特にAlexaの「スマートホームスキル」と「定型アクション」機能は、他の音声アシスタントにはない多くの機能性を有しており、2019年現在、かなり発達しています。

そしてこのAlexaを搭載しているEcho端末やFireタブレットは、Amazonがメーカーであることから、頻繁にセールが開催されています。

2018年のプライムデーやサイバーマンデーの動向をウォッチしていると、特にこのAmazon Echoデバイスは大半がセール品となっており、おすすめです。(定価とは何だったのか?というくらい値引きされます…笑 半額近くとかザラにあります)

ということで、スマートホームの中心となるAlexa端末が超格安で購入できると言う点でまずオススメなイベントです。

ちなみに以下の記事ではAlexa端末に絞って選び方の解説をしていますので、参考いただければと思います。

AmazonEcho一式Amazon Echoシリーズの選び方|全台使ってどれがおすすめか、その違いを徹底比較!

Amazonはスマートホーム製品の品揃えNo.1のストア

Amazonは国内外含め積極的にスマートホームを推進している企業の一つであり、Amazon Echoだけでなく、それに関連する多くの関連製品が発売されています。

Amazonスマートホームストア」という専用のページがあるほどです。それ以外にも「Amazon LaunchPad」というベンチャー・スタートアップ向けのサービスもあることから、この界隈での強みがあります。

特徴は、スマートホーム市場の売れ筋製品だけでなく、最寄りの家電量販店にないようなレアな商品が豊富にあることです。グローバルに強いAmazonだからこそラインナップできるのでしょう。

しかもそれらはAmazonで頻繁にセールがあり、2018年と同様にプライムデーの限定タイムセールで出てくる可能性が非常に多いです。

なお、スマートホームデバイスは多岐に渡り、みなさんの用途によってチョイスする製品は異なってくると思いますので、この記事ではジャンル分けしてそれぞれのオススメ製品を掲載していきます。

スマートホーム製品は徐々に落ち着いてきた

スマートホーム関連製品は2017年のスマートスピーカー発売を皮切りに、一気に大量の製品が出てきましたが、2019年となった現在、徐々にそれも落ち着いてきており、一般化(コモディティ化)しつつあります。

2015年くらいから現在まで多くの製品を購入・情報ウォッチしてきましたが、昔と違い情報もたくさん出てきており、おすすめどころも一通りまとまってきたという感じです。

上記により今後は価格競争が激化し、(そんなに古くない)使い勝手の良いデバイスがこれまで以上に多くセール対象となってくるでしょう。

よって、2019年のプライムデーはタイミング的にも「比較的安心して購入できる(人柱ではなく)」かつ「良質なセール品が例年以上に増えてくる(安く調達できる)」確率が高いことから、スマートホームを始めるのにはベストなタイミングと言えるのです。

スマートホーム製品のおすすめ・目玉製品(随時更新)

それではスマートホーム化におすすめの商品を見ていきましょう。随時更新していきます。

Amazon Echoシリーズ

“2019/7/15更新”
予想を上回りほぼ全台格安で発売されています。特に直近発売のEcho Show 5がアツい!

冒頭で解説した通りAmazon Echoシリーズがまず狙い目です。通常のタイムセールでも平気で20-30%以上OFFになったりするので、プライムデーだとますますお得に買えることが期待されます。

例年大量のEchoシリーズがセール対象となりますので、以下に示すもの以外にもセール対象となる可能性があります。

私は過去分含めAmazon Echoシリーズをすべて所持しているため、こちらの記事も合わせてご参考ください。

AmazonEcho一式Amazon Echoシリーズの選び方|全台使ってどれがおすすめか、その違いを徹底比較!

Echo Show 5【特におすすめ!】

なんと直近2019年6月末発売のEcho Show 5がセール対象になってしまいました。

コンパクトな筐体で配置場所を選ばず、そこそこな音質、価格もディスプレイ付きの中では最安と大変お買い得な製品です。絶対この機に入手をオススメします。

【レビュー】Echo Show 5、扱いやすい上に万能。あらゆるシーンで活用できるスマートディスプレイの大本命

Echo Dot

Echo DotはEchoシリーズの中でも万人におすすめの製品です。

第2世代→第3世代になって格段に音質がよくなっており、単体利用でもイージーリスニング的にそこそこ音楽が楽しめます。

元々Alexaの性能自体はどのEchoデバイスでも変わらず、Dotは価格も安いので、最初の一台としてとてもおすすめできます。

【レビュー】新型Amazon Echo Dot(第3世代)は廉価版スマートスピーカーとして十分な要件を満たしている。第2世代との比較

Echo Show

Echo Showは直近で「Echo Show 5」という新型が発売されたので、事実上旧型のようになっており、セールに出てくる可能性は高いです。

高額かつ大きい形で置き場所に困る部分はありますが、場所がハマればこれ一台でEchoシリーズの良さをすべて体験できますし、音質も単体利用では最も良い(ステレオ再生ができる)ため、セールで価格が安くなればおすすめの製品です。

【レビュー】Amazon Echo Showはどこでどう使うべきか?他デバイスとの比較とAlexaの操作感

Echo Spot

Echo Spotもかつてないほど格安で販売されています。なんと定価の半額以下です。

Amazon Echo Spot-8【レビュー】Amazon Echo Spotは「ロボット」だった。ポストスマホの可能性を秘めるデバイス

Echo(第2世代)

通常Echoも定価の半額になっています。ステレオペアを組むのにもおすすめ!

Echo Plus(第2世代)

Echo Plusまで半額弱に…!これもステレオペアでEchoシリーズでは最高峰の音質が楽しめます。

スマートホームハブ機能はPhilips Hueをセットで買う際におすすめ。温度センサーもついていてスマートホーム的な活用ができます。

【レビュー】第2世代Amazon Echo Plusは第1世代とどう変わった?実機比較と今後への期待

Fireタブレット

おなじみ、AmazonのFireタブレットです。毎回セール対象になっています。

ここでは、スマートホーム的活用として、「Alexaに対応しているもの」に厳選して取り上げます。

Fire 7(第9世代)

2019年5月に発売開始となった、第9世代のFire 7タブレットもセール対象となっています。

第9世代でAlexaが内蔵し、価格もEcho Dotとほぼ変わらず。最安でディスプレイ付きAlexaが楽しめます。

ただし、Echo Showのように使える「Showモード」が利用できず、あくまで「タブレットの操作(Fire OS)の中でAlexaによる音声操作ができる」というものになります。EchoデバイスとしてのAlexaの使い勝手はやや劣るので要注意です。

Fire HD 10(第7世代)

2017年に発売されたモデルです。これは2018年3月のアップデートでAlexa対応を果たしました。

このタブレットは「Showモード」と「Alexaハンズフリー」という機能を搭載しており、Echo Showのように扱えます。

欠点はEcho端末と比較して、音質とマイク感度がやや悪いというところですが、Echo Showよりお安く、かつタブレットとしても利用できる10インチクラスの高解像度ディスプレイのデバイスが入手できることがメリットです。

もちろんモバイル性が高いため、あらゆる場所でAlexaが楽しめることも特徴。詳細は以下の記事で解説しているため、ご参考まで。

Fire HD 8・10がAlexa(ハンズフリー・Showモード)対応で劇的に進化!Echoより良いかも

スマートテレビ(Fire TV)

テレビ関連製品も毎年セールとなるのですが、最近はAlexaを内蔵したテレビも出てきているのでこれもオススメです。

Fire TV Stick

まずは純正Amazonの製品を。これは、2018年12月にAlexa対応し、第2世代となり付属のリモコンもAlexaの音声認識リモコンとなりました。

これは既存のテレビを数千円でスマート化できる優れたもので、Echoデバイスとも連携できます。

テレビの種類によっては電源オンオフや音量変更もリモコンやEcho経由で音声操作ができるようになり、スマートホーム的な活用ができるのでおすすめです。

今回なんと4Kモデルもセール対象に!かなりおすすめです。

LG 4K有機ELテレビ 2018年モデル

LGの格安有機ELテレビもセール対象となっています。Alexa対応しているようですが、公式にAlexa対応を謳っているのは2019年モデル以降です。

テレビ内蔵型であれば、Fire TV Stickのように一部の操作が可能となるだけでなく、チャンネル変更といった細かい操作や情報表示ができるものもあり、こちらも注目です。

LG 4K液晶テレビ 2019年モデル

と思ったら、なんと2019年モデルもセール対象となっていました。こちらもAlexa内蔵・マジックリモコン付属とお買い得!

ハイセンス Alexa対応4Kテレビ

ハイセンスのテレビもセール対象となっています。こちらのモデルは格安ながらAlexa対応しており、スマートホーム的な活用ができます。

スマートリモコン

スマートリモコンは限定タイムセールでどれかしら出てくると思いますので、Echoデバイスなどとセットで購入し、サクッとスマートホーム化しちゃいましょう。

これは、ざっくりいうと「Wi-Fi内蔵の設置型赤外線リモコン」というもので、Amazon Echoからエアコンなど家電操作をする上では重要なデバイスです。

特にオススメは以下の4つですので、タイムセールに出てくることに期待ですね。

詳細は以下の記事も合わせてご参考ください。

【2019年】スマートリモコンおすすめランキング(8選)|スマートホーム・IoTを簡単実現!

Nature Remo

筐体・アプリ共にデザイン性にかなり優れた製品です。

簡単なルール設定による家電の自動操作も可能で、Alexaの細かい機能(スマートホームスキル)に対応している優れもの。個人的にはデザイン性・使い勝手・機能性でスマートリモコンの中では最もおすすめです。

こちらも特選タイムセール中!

Nature Remo外観【レビュー】Nature Remoはデザイン性とIoTな機能性を兼ね備えた最強のスマートリモコン Nature Remo外観【レビュー】Nature Remo miniでも十分満足できる。Nature Remoと比較してみた

eRemote

スマートホーム界隈でも有名な、LinkJapan社のeRemoteもセール対象となっています。

これの特徴はAlexaスマートホームスキル対応は当然として、スマートホーム関連製品が非常に豊富であることから、一つのアプリで集中管理・機能組み合わせで様々な仕組みづくりが可能であることです。

こちらも特選タイムセールに!

【レビュー】eRemoteはスマートスピーカーとの連携で実用性の高いスマートリモコン

RS-WFIREX4

RS-WFIREX4もスマートリモコンの老舗的な存在でオススメです。

これは、非常にコンパクトな筐体ながら、照射範囲が非常に広いことが特徴。実測15m以上離れていても普通に家電操作ができます。

さらに音声アシスタントはAlexa/Googleアシスタントだけでなく、Siriショートカットにも対応している珍しいスマートリモコンで、2019年夏にはHomePodも出ることですし、もしAppleでスマートホーム環境を固めたい方は事前準備しておくのも一つの手です。

これも特選タイムセールに登場!

【レビュー】スマート家電リモコン:RS-WFIREX4の特徴と前作との比較

LS Mini

created by Rinker
LiveSmart(リブスマート)

LS Miniも傾向的にセール対象となる可能性が高いです。

特徴は、非常に細かいルール設定ができ、機能性抜群。その割に価格が安いことです。

これまた特選タイムセール!

【レビュー】LS Mini(第2世代)は家電の自動制御に最適なスマートリモコン:機能豊富でコスパ抜群!

Switch Bot Hub Plus

SwitchBot スイッチボット スイッチ ボタンに適用 指ロボット スマートホーム ワイヤレス タイマー スマホで遠隔操作 Alexa, Google Home, Siri, IFTTTなどに対応(ハブ必要)
SwitchBot

これはどちらかというと、スイッチをリモートで押してくれるプッシュロボット:SwitchBotのハブとして利用する製品ですが、実は赤外線モジュールも内蔵しており、スマートリモコンとして利用できます。

そのスマートリモコンとしての機能性も、Alexaをはじめとする音声アシスタントに全対応していたりリモコンプリセットも豊富などと実は専用機に負けず劣らず優れています。

本体のSwitch Botもセールになっており、個人的には一押し!

SwitchBot【レビュー】Switch Botこそ最強のスマートホームデバイスである|Hub Plusも駆使して自宅のあらゆる家電・装置をIoT化させる!

スマートプラグ

スマートプラグは既設家電の電源部分に取り付けてON/OFFをリモート・音声コントロールできるデバイスです。

こちらも汎用性が高く、仕組みがシンプルなのでスマートホーム入門としてオススメできます。

TP-Linkスマートプラグ

TP-Linkのスマートプラグも今回セール対象となっています。2個セットが通常の単品販売に近い価格で購入可能に!

これの特徴はWi-Fiルータで有名であり日本でも積極的に展開しているTP-Link社の製品であり、日本仕様にあった2ピンプラグ・PSE取得済みのものであること。

さらにスマートライトやネットワークカメラなどスマートホームデバイスも多く日本で展開しており、それらとセットで管理・コントロールできることが特徴です。

Echoとセットでスマートホーム体験用として持っておくと便利なデバイスです。

【レビュー】TP-Linkスマートプラグ(HS105)は国内仕様で安心安全!Amazon EchoやIFTTTなどにも対応

Meross スマート電源タップ

電源タップのタイプのスマートプラグもセール対象になっています。

スマートロック

家の鍵に両面テープで外付けすることによって、スマホやAlexaからリモート・音声操作ができ、キーレス生活が実現できる製品です。

スマートホームによる利便性をわかりやすく体験することができ、QoL大幅アップ!プライムデーを機に購入をおすすめします。以下の記事にも詳細まとめていますのでご参考まで。

スマートロック【2019年】スマートロックおすすめランキング|IoT・スマートホーム化で鍵の操作をストレスフリーに!

Orio Lock

スマートロック界隈では有名なQrio Lockが今回セール対象となっています。

IoTデバイスを展開するソフトバンク系列の「+Style」経由での販売となっており、リモート操作・音声操作可能な「Qrio Hub」とのセットで28%オフの税込24,600円とかなりお買い得です。

特に良いと感じている部分は要となる自動操作の機能性ですね。「オートロック」は開閉センサー付きでホテルのオートロックさながらの利用感ですし、「手ぶらで解錠」の操作も他社と比較すると割と高い部類です。

もちろんAlexaにも対応しており、話しかけてハンズフリーで鍵の開閉が可能です。

【レビュー】Qrio Lockはレスポンスに優れ機能も必要十分なスマートロック|前作との比較

セサミスマートロック

同じく大人気のスマートロック:セサミ(SESAME)も、傾向的にタイムセールに出てくる可能性が高いです。

Qrio Lockよりも安価ながら、Alexa/Googleアシスタント/Siriといった音声アシスタントに全対応。動作レスポンスにも優れ、スマートウォッチ対応やスマホを叩いて解錠するノック機能などかゆいところにも届く豊富な機能性が特徴です。

しかも、2019年4月に新発売となり瞬く間に売り切れとなった大人気の「セサミMini」がセール中!これは前世代のものより、より日本向けの利用に特化したコンパクトなデバイスであり、価格も安くなっているためオススメです。

【レビュー】SESAME(セサミ) miniは機能豊富でコスパ最高。スマートロックの決定版!

スマートライト

照明をリモート操作・音声操作できるスマートライトもAmazonが手広くお安く扱っており、セールに大変期待が持てます。

スマートホームの利便性を第一に感じられるデバイスなので、こちらもオススメです。

Philips Hue

Philips Hueはスマート照明界隈では老舗的な存在です。

その特徴は機能性の高さ。単に音声操作ができるだけでなく、豊富なシーン操作や「Hue Lab」によるカスタマイズなど様々な演出を楽しめます。

なお、Hueブリッジとのセット販売もありますが、Echoデバイスと合わせて導入する場合は、同じくセットになっているスマートホームハブ機能を持つEcho PlusかEcho Showとの購入をオススメします。音声操作を前提とするならば、ハブ単体で買うよりも総合的に安いためです。

【レビュー】Hueライトリボンプラスで部屋をふんわりスマートにライトアップ! 【レビュー】Siriによる照明操作が最高に便利!IoT照明「Philips Hue」の初期設定と所感。

TPLinkスマートライト

上述したスマートプラグとセットでセール対象となっています。

これの特徴は、電球にWi-Fiモジュールが内蔵されており、Philips HueのHueブリッジのようなハブを購入する必要なくリモート・音声操作が可能なため、導入も楽でオススメです。さらにTP-Linkはスマートホームデバイスを多く出していますので、アプリで一元管理できるのも特徴。

【レビュー】TP-Link KasaスマートLEDランプ(KL130・KL110)はハブ無し導入で簡単に照明の音声操作ができる!

アイリスオーヤマ スマート電球&シーリングライト

アイリスオーヤマのスマートライトも電球・シーリングライトともにセール対象となっています。

こちらも自宅で利用していますが、格安なわりに機能性が豊富で使い勝手がよくおすすめ!

【レビュー】アイリスオーヤマのAlexa対応シーリングライトで家の雰囲気をハンズフリーで自在に操る!

ロボット掃除機

ロボット掃除機はスマートホーム的な視点でなくともメジャーな製品ですが、一家に一台あると掃除いらずで大変便利なので、興味のある方はこのセール機会に導入検討されてみてはいかがでしょうか。

ルンバ690

おなじみルンバがセール対象になっています。

この690シリーズはエントリーモデルに位置付けられ、Wi-Fi・Alexa対応ということもあり、あらゆる場所でスマホアプリによる管理・音声操作まで可能となっています。

最近ルンバは「e,iシリーズ」といった新型が出ていますが、その分この数字シリーズがお安くなってきており、さらにセール対象のため入門用として購入チャンス!

iLife V3 Pro

格安ロボット掃除機として多くラインナップがあり、売れ筋のiLifeもオススメです。セールとは言えこのクラスのロボット掃除機が1万円で購入できる時代となりました…

ネットワークカメラ

これは防犯・見守り用途として有名な製品ですが、ディスプレイ付きEchoデバイスとセットで持っておくと、スマートホーム的な活用としても便利なデバイスです。

Furboドックカメラ

通常の見守りカメラとしての利用から、餌やりもできる面白い製品です。Alexaにも対応しており、話しかけて操作可能。今回セール対象となっています。

スマートホームカメラ(+Style)

ソフトバンク系列のIoTマーケット「+Style」から展開されているスマートホームカメラです。

フレキシブルアームが特徴のネットワークカメラで設置自由度が高いのが特徴。

Alexaにも対応しており、ディスプレイ付きEchoで映像・音の確認ができたりもします。

TP-Link Kasaスマートカメラ KC100

Echo Show 5とセットで1万円以下のセール対象に!両デバイス共に2019年6月発売なのに信じられない価格になっています…笑

こちらもTP-Link製品でスマートプラグやLEDランプと同様のアプリで一元操作可能。格安ながらAlexa対応でツボを抑えており嬉しい限り。

ヘルスケア関連

ヘルスケア関連製品も、スマートホーム的活用できるものがあります。

Withings Sleep

この製品はマットレスとしてベッドに敷くことで、睡眠分析や心拍数の追跡、いびき検出が可能です。

IFTTTにも対応しており、「就寝時(ベッドに入った時)・起床時(ベッドから出た時)」をトリガーにして、スマートホームな仕組みも構築できる点です。かなり面白い製品。

快適な睡眠をうむために仕組みづくり・分析のサポートができます。

※以下のレビュー記事は一時期Nokiaが買収したため、品名が変わっていますが、全く同一の製品です。

【レビュー】Withings Sleepは睡眠の分析から寝室の環境作りもする優れモノ

スマートホーム化に便利な周辺機器

Alexa対応イヤホン

実はAlexa内蔵イヤホンなんていうのもあります。この機能があると、外出先から歩いている時とかでも家にある家電のコントロールがハンズフリーにできたりするので地味に便利で面白いです。

Jabra Elite 65t

完全ワイヤレスイヤホンで、なんとAlexa/Googleアシスタント/Siriに全対応。

音質もよく、マルチペアリングにも対応しているなど、普通にワイヤレスイヤホンとしても高性能・高機能に位置する製品です。

スマートホームコントロールという観点でイヤホンを選ぶ(マニアックですが…)なら現状これ一択です。私もこれを利用しています。

電源タップ

スマートホーム化させたい場合、多くのデバイスを常設させる関係上、給電口は多めに準備しておいた方が良いです。(後々配線の再設計とかが面倒なため)

単品ごとの消費電力は少ないですが、形状の違うアダプターがごちゃごちゃ取り付くことになるため、できれば「口数が多いもの」「プラグ間のスペースにゆとりがあるもの」を選択するとよいでしょう。

10個口の電源タップや先に述べたスマートプラグ化したものがセール対象です。

配線BOX

上記と同様に、配線関連に苦労することが多いので、合わせて紹介します。

電源タップごとマルッとカバーできるので、埃対策にも役立ちます。

今の所セール品はなさそうですが、スマートホーム化に合わせて導入検討はいかがでしょうか。

メッシュWi-Fiルーター

スマートホーム化していくと、家の中にWi-Fiデバイスが点在することになりますが、その接続を安定化させるために大変おすすめなのがメッシュWi-Fiルーターです。

メッシュWi-Fiとは、サテライトルーターを置き、それぞれ専用の規格でつなぐことで、単一の回線で網の目状に電波を張り巡らし、通信を安定させることをいいます。

中継器と違い、子機扱いにならないため、(Wi-Fiをリンクさせる専用のSSIDで接続される)ため、離れた位置に配置しても問題ありません。

このメッシュWi-Fi対応ルーターはWi-Fiデバイスが増えてきた現代では徐々に注目を集めており、私も導入していますが、これのおかげで通信が劇的に安定化したため、スマートホーム化する上でもオススメします。

おわりに

注目の製品を取り急ぎまとめてみました。限定タイムセールなども含め随時更新中!

Amazonプライムデー2019はスマートホーム化を始めるのに最適なイベントですので、これを機にぜひ!

Amazon Echo(Alexa)を利用する上で欠かせない「Amazonプライム」のサービス