パームワーク昇降デスク レビュー|電動昇降ながらそれを感じさせないナチュラル&スタイリッシュな作り。チェアもセットで快適なワークスタイルを実現!

こんにちは、Kouです。

このブログで書いた通り、これまでいくつも電動昇降デスクを試してはレビューしてきたのですが、その中でも決定版の一つと言えるべき製品が登場したのでご紹介します。

その名も、パームワーク昇降デスク。ワークチェアのブランドで有名な、Palmwork(パームワーク)から電動昇降デスクが発売されました。

この製品の特徴は以下の通り。

特徴
  • 誰でも使いやすく、立つ・座るをスムーズに
  • 仕事へのモチベーションを生み出す、高いデザイン性
  • 思いのままに、かんたんにデスク裏収納を構築

電動昇降デスクのポイントを抑えた製品ですが、実際に試してみたところ、従来の電動昇降デスクの細かい部分が改善されており、まさに理想とも言える製品に仕上がっていました。

今回は、Palmworkのデスクとチェアをセットで提供頂いたので、そのレビューをお届けします。

https://www.benrilife.com/wp-content/uploads/2019/05/Kou1600.jpg

パームワーク昇降デスク&チェア レビュー

パームワーク昇降デスクとパームワークチェアを同時に利用し、そのワークスペースで実際に作業してみました。スタイリッシュかつナチュラルなデザイン性で、電動昇降デスク×多機能ワークチェアのセットにも関わらず、インテリア的に圧迫感を感じないのが好印象。電動昇降時の静音性が高く、スタンディングにするのが億劫になりにくい。チェアも柔らかめのメッシュとなっていて、ゆったりと座れます。このセットでワークスペースの快適性とインテリアが抜群に上がる!おすすめです。

メリット

  • 電動昇降時の静音性がこれまで利用してきたどの製品よりも優れている
  • デスクチェアともにシンプルかつスタイリッシュなデザインで圧迫感を感じない
  • 天板裏の収納面にも優れている
  • 1つのスペースで立つ・座るを切り替えることができ、快適
  • チェアのメッシュがやや柔らかな作りでゆったりと座れる

デメリット

  • 特になし

この記事は、メーカーである株式会社powより製品を提供いただき、記事執筆を行っております。

メーカーさんから以下の専用クーポンコードを頂いています!販売サイトで以下を入力いただくと¥5,000円OFFとなりますので、ぜひご利用ください!

クーポンコード

BENRILIFE

組み立て

ワークスペースを作るべく、パームワーク昇降デスクを組み立てていきます。

部品

基本的には、説明書にわかりやすく記載されているので難しい部分はありませんでした。

ここでは、その様子をお伝えします。

足の組み立て

このあたりの組み立ては、説明書と各部品の「向き」をしっかり合わせて丁寧に取り付けていくのがコツです。

六角レンチで締め付け

強いていうと、脚を固定する際のこの部分のレンチが入れにくかったというくらい。

この部分が少し入れづらかった

後述しますが、天板には予め多数のネジ穴が空いており、カスタマイズユニットで自由な場所へパーツを取り付けできます。

ここに組み立てた脚を取り付けしていきます。自分で穴あけしなくて済むのが、専用天板の大きなメリットです。

ネジ穴にプレートを取り付け

モータ部分の配線接続もします。配線が多いですが、カバーが付いているので見た目はスッキリします。

実際には説明書の通りとなりますが、簡単に流れです。

私は、これまでデスク天板は180cmサイズを利用していたのですが、直近に引っ越しも兼ねていたので、今回はそれに沿うよう140cmサイズを選択しています。

実際のところ、PCデスクとして利用するには、140cmでも十分なサイズ感。

かつ今まで利用してきた部屋でも140cmだと他の家具をゆったり置くことができるので、ずっと140cmにしておけばよかったかな…と思うほどです。

設置完了!

今の部屋にも馴染んでいて良い感じ!

そんなパームワーク昇降デスクの詳細レビューを次の章で掲載します。

パームワーク昇降デスク レビュー

パームワーク昇降デスクを利用してみましたので、レビューを行っていきます。

静音性が素晴らしい

パームワーク昇降デスクで一番驚いたのは、静音性の高さです。

一般的な電動昇降デスクと比べても、非常に静かです。

通常、昇降時には「カチッ」と音が鳴ることが多いですが、パームワークのデスクはその音すらありません。

このため、昇降が非常にスムーズに感じます。

実際の動画。電動昇降デスクにしては、音が本当に静か!

また、リモート会議中にデスクを昇降させても問題ないほど静かで、深夜の動作も気になりません。

これにより、どのようなシーンでも気兼ねなく昇降でき、デスクの操作がストレスなく行えます。

電動昇降デスクはスタンディングにするのが億劫になることがありますが、パームワークの静音性のおかげでそのハードルが下がりました。

天板が丈夫でナチュラルな仕上げ

天板には無垢材が使用されており、木のぬくもりを感じられます。

ウレタン塗装が施されているため、サラサラとした仕上げで、文字を書くときも凹凸がなく快適です。

サラサラした手触り

ラバーウッド材を使用しているため、丈夫な作り。PCを叩いても振動が伝わらず、空洞共鳴音もしません。

光沢が抑えられたナチュラルな仕上げは、どの部屋にも合うデザインで高ポイントです。

ウチのナチュラルでまとめたデスク部屋にピッタリ合ってお気に入り!

自然に溶け込んでポイント高いです!

昇降部分の作りもスッキリしていてデザイン性が高い

多くの電動昇降デスクはゴツゴツとした作りが多いですが、パームワーク昇降デスクはスタイリッシュなデザインが特徴です。

脚がコの字デザインでスタイリッシュ

マットカラーで統一され、コの字型のデザインがそれを引き立てています。

電動昇降デスクでありながら、細身に見える作りはインテリア的にも圧迫感を与えません。

電動昇降デスクでも細身!

電動昇降デスクは、普通のデスクよりも脚が太めになってしまうので、どうしても野暮ったく見えてしまうところ、パームワーク昇降デスクは細身でスッキリとしています。

静音性のこともありますが、この点がよくこだわられて作られているなという印象です。

天板裏を様々カスタマイズ可能

天板裏には多数のネジ穴があり、デスク裏の収納が可能です。

PCトレーユニットはMacBookを収納するのに便利でした。

ポート部分に穴が空いているため、クラムシェルモードで利用する際にもケーブルの着脱が容易で、通気性にも優れています。

PCトレーユニットにMacBookを収納
フックも取り付け可能なので、ヘッドフォン収納などに便利

この前に使用していたCOFO Deskは、長く使用していると天板の重量が非常に重いことが気になり、模様替えやちょっとした分解が難しいなど欠点もありました。

かつマグネットといえども、結局天板裏に取り付けたいと思えるものは、ケーブルトレーやフックなど限られたものです。

パームワーク昇降デスクは、天板穴で取り付けるタイプであるものの、天板裏には多くの穴が空いており、ユニットも必要十分なものが用意されています。

天板裏のネジ穴

他にも、ケーブルトレーユニットも配線整理に役立ち、デスク周りがスッキリします。

1つのスペースで「立つ・座る」を簡単に切り替え可能

電動昇降デスクの最大の利点は、1つのスペースで立つ・座るを簡単に切り替えられることです。

コントローラー

手動タイプだとハンドルを回す必要がありますが、電動タイプはワンタッチで切り替えが可能です。

パームワーク昇降デスクのコントローラーにはメモリー機能もあり、予め指定した高さにワンタッチで設定できます。

高さは61-125cmの範囲で1cm単位(100cm以下では1mm単位)で細かく調節が可能となっています。単にスタンディングというだけでなく、自分の背丈にあった微調整をする際に有効です。

Palmworkのある生活

今回は、パームワークチェアもセットで提供頂いたので、デスクとチェアの組み合わせでどのようなデスクワークが行えるかをレビューします。

デザインに優れたデスクスペースで作業のモチベーションもアップ

パームワークチェアはスッキリとしたデザインで、多機能ワークチェアにしてはコンパクトな作りです。

多機能ワークチェアは快適ですが、見た目が重々しいものが多い中で、パームワークチェアはシンプルでインテリアにも馴染みやすいです。

メッシュで透けて見えるため、圧迫感を感じさせないのも良い!

これにパームワーク昇降デスクを合わせると、インテリア的にもスッキリとまとまり、作業のモチベーションも上がります。

ゆったりと過ごせる

パームワークチェアは高品質メッシュが採用されており、弾力がありながらも柔らかめで快適です。

ランバーサポートがない分、座面が広く感じ、ゆったりと座れます。

ヘッドレストはオプションですが、正直PC作業にはあまり必要ないかなと思っています。

ゲーミングチェアなど休憩で椅子上で横になる際や、身体を伸ばすときにあると便利ですが、PC作業はモニターに少し寄るような姿勢となるためです。

なので、パームワークチェアの軽快さ・スタイリッシュさも相まって必要最低限のスタイルが所有欲を満たせます。

特にパームワークチェアの脚がカッコいい

もちろん、ヘッドレストは必要に応じて追加する形で良いでしょう。

様々な姿勢が取れる

パームワークチェアは、傾きや高さの調節が可能で、肘掛けも高さ調節ができます。

座面がゆったりしており、普通のPC作業から、ちょっとした休憩まで快適です。

先述の通り、パームワークでは休憩をワークスペースの外で行うことが推奨されていますが、そこにパームワーク昇降デスクが組み合わさると、スタンディングモードにしてちょっとした休憩もできるので、このコンセプトに沿ったワークスタイルを実現できます。

電動昇降デスクと組み合わせることで、スタンディングモードと座りモードを簡単に切り替えられ、快適なワークスペースを実現できます。

レビューまとめ

パームワークのデスクとチェアは、静音性やデザイン性、カスタマイズ性など、どれをとっても高品質です。

特に、静音性が高いため、リモート会議中や深夜でも気兼ねなく使用できます。

また、ナチュラルな仕上げやスタイリッシュなデザインは、どの部屋にも馴染みやすく、作業のモチベーションを上げてくれます。

デスクとチェアの組み合わせで、より快適なデスクワーク環境を作り出せること間違いなしです。

Kou

Kou

こんにちは!
BENRI LIFE(ベンリライフ)は、「IoT(モノのインターネット)」をテーマにしたガジェットブログです。
特に「スマートホーム」に関する情報が充実しています!
IoTツールで暮らしを便利に、快適に...
よかったら、色々見ていってください!

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事