Amazonブラックフライデー開催中!

popIn Aladdin 2 レビュー|初代との違い・テレビがいらなくなるシーリングライト!

popIn Aladdin 2の投影画像

これまでpopIn Aladdinの初代を利用してきましたが、新しく発売された「popIn Aladdin 2」に乗り換えてみました。

今回は、popIn Aladdin 2のレビューを初代と比較しつつお届けします。

popIn Aladdin 2 レビュー
2が完成形!細かい欠点が改善されてる!
popIn Aladdin 2はシーリングライト・プロジェクター・スピーカーが一体となった、3 in 1のスマートライト。
初代と比較して、画質の強化(720p→1080p)・投射サイズが2.8倍・スピーカーサイズアップ、調光調色の設定範囲の増加に違いがあり、堅実な進化を果たしている。
特に単焦点化したのが非常に大きく、壁との距離が1.6mでも100インチでの視聴が可能!
未だにアレクサやGoogleアシスタントとの連携はないが、Aladdin Remolessが出てきており、文句なしの一品に!
導入のしやすさ
10
画質
9
音質
8
使いやすさ
10
メリット
画面サイズが大型化(短焦点化)
配線・設置スペース不要
独自コンテンツがイカしてる
もう本当にテレビいらない
デメリット
スマートライトにしては珍しく、アレクサやGoogleアシスタントに対応していない(リモレスの追加購入が必要)
シーリングライトとの距離に合う投影する壁が必要
仕様上、ゲーム機につなげることができない
9.3
販売サイト
公式サイト
Rentio

前作のレビュー

現在開催中のAmazonブラックフライデー&サイバーマンデーセールで、KindleまたはFire HDシリーズを買うとKindle Unlimited3ヵ月分(2,940円相当)がセットでついてくるお得なキャンペーンをやっています。今回は既存会員も対象(既にお支払い済みの会員期間または無料体験期間が終了後から開始)本体価格も安くなっているので、これを機にぜひ!
Amazonページ:「Kindle」「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」「Fire 7」「Fire HD 8」「Fire HD 10

popIn Aladdin 2とは?

popIn Aladdin(ポップインアラジン)2とは、popIn株式会社が販売する、プロジェクター・スピーカー・LEDシーリングライトが一体化したスマートライトです。

見た目は普通のシーリングライトと変わらず、壁にプロジェクター投影する仕組みのため、省スペースで利用できるのがメリットですね。

そんなポップインアラジンですが、2(第2世代)と初代は主に以下の通りです。

初代と2の違い
  • 画質の強化:1280×720(720p)→1920×1080(1080p)への高画質化
  • 投射サイズが2.8倍:1.16mでも60インチで投影できる
  • スピーカーサイズアップ:5W+5W(1基)→8W+8W(2基)に進化
  • 調光調色の設定範囲の増加:調光100通り×調色100通り=10,000通りの設定可能

その他にも、起動した瞬間に地上波等が再生できる、テレビモードといった新機能も追加されています!

スペック比較

popIn Aladdin 2popIn Aladdin
サイズ476×145×476mm476×169×476mm
画質フルHDHD
投影距離1.56m = 100インチ1.56m = 60インチ
上下可動域0〜32°0〜18°
シーリングライト調光・調色 10,000通り調光・調色 36通り
スピーカースピーカー2台 8W+8Wスピーカー1台 5W+5W

popIn Aladdin 2にして良かったこと

まずは、メリットについて述べていきます。

自宅の狭い寝室でも大画面投影ができるように!

もう何よりも嬉しいのはこれ。大画面で投影が可能となったことです。

短焦点化したことにより、シーリングライトと壁との距離が近くても大画面で投影できるようになりました!

今まで画面が小さくなることにより、寝室では利用が中々しずらかったのですが、これで全く問題なく投影することができました。

▲画面の大きさが全然違います。これだけで買い換える価値アリ。
popIn Aladdin 2は初代と比較してかなり低い位置まで画面を下げられる
▲配置もここまで落とせます。これはすごい!!

大画面で投影できるだけではありません。

画面もだいぶ下まで落とすことが可能となっており、初代であったような、見上げるような形にならずに済みます。

Kou

Kou

目や首が疲れず、非常に快適ですね〜

画質も向上したことにより、文字もぼやけず映像もくっきり。より快適に見られるようになりました。

テレビモード追加が最高!もうテレビいらないw

これまで、寝室にはPCモニターをテレビ代わりにして置いていた(Fire TV Stickで接続)のですが、popIn Aladdinにとある機能が追加されたことにより、完全にそれはいらなくなりました。

それは、テレビモードという機能です。

これを設定しておくと、プロジェクターを起動したらホーム画面に遷移せず、即テレビが投影されます。

私は、同じく新発売となった、Aladdin Remoless(アラジンリモレス)や、popIn Aladdin専用チューナー:「Xit Airbox」も購入しており、快適にテレビ視聴をすることができています。

▲こんな感じです。

最近はVODが全盛期ですが、何だかんだパッとつけて流し見できる地上波の存在は大きいです。

このテレビモードによって、テレビと変わらない使い勝手を実現でき、とても重宝しています。

Kou

Kou

特にXit AirboxはNasneと比べてバッファ処理の時間が短く、途切れることもない。かなり快適!

前作の欠点だったスピーカー音質もよくなっている

初代popIn Aladdinでレビューした際には、特にスピーカーの低音域が物足らない印象でした。

映画とか音楽を聴く用途の時に、ちょっと不満だったんですよね。

しかし、popIn Aladdin 2では、スピーカーサイズが数字通りでいくと、1.6倍ほど性能が良くなっており、そこそこ迫力をもって映画や音楽を楽しめています。

これでも本格的なサウンドシステムと比較すると全く足りていないところではありますが、お手軽・設置スペース不要で天井から降り注ぐような音が楽しめるとなると、十分すぎるほどであります。

独自コンテンツがやっぱり嬉しい

popIn Aladdinでは、色々なコンテンツが楽しめます。

▲STBのように、様々なVODサービスに対応しています。

それだけでなく、ポップインアラジン独自のコンテンツも豊富なのが最大のメリット。

▲このクロックは雰囲気があって中々良いです。
▲個人的なお気に入りは、ヒーリング。心落ち着くサウンドも流れます。疲れたときとかこれで瞑想しています。
▲壁に窓を投影!景色を楽しめます^^
▲他にも目覚ましライトなんていう機能も。寝る前だけでなく、朝起きる際にも使えますね。

テレビやVODを楽しむだけでなく、このような幻想的なコンテンツが豊富なのが嬉しいポイント!

注意点(デメリット)

今作でまさに完成形とも言える製品とはなりましたが、シーリングライトと一体型という仕様上の注意点やデメリットについて述べておきます。

投影するためにちょうどよい壁が必要

popIn Aladdin 2を利用するためには、ちょうどよい大きさの壁が必要となります。

これは、シーリングライトから投影されるという性質上、モバイルプロジェクターと違って、配置に柔軟性がありません。

以下の画像で、ご自宅に設置する際にどのようなイメージで投影されるか、壁にどれくらいのスペースがあればよいのかは予め測っておいた方が良いです。

▲照明と壁との距離によって上記のようにスクリーンサイズが変わります。(引用:公式サイト

ゲーム機にはつなげない

照明と一体型なので、Nintendo SwitchやPS4といったゲーム機につなぐことはできません。

これがポップインアラジン2の最大の欠点かと思います。

ゲームをする場合、据え置き型ではありますが、「Z6 Polar meets popIn Aladdin」というラインナップもありますので、そちらを選択するのが良いです。

アレクサやGoogleアシスタントに未だに対応していない

この手のスマート家電にしては珍しく、Amazon AlexaやGoogleアシスタントには対応していません。

そのため、Amazon EchoやGoogle Home(Nest)といったスマートスピーカーと連携して操作することは、基本的にはできません。

Twitterで見ててもこの要望が結構あるにも関わらず、1年以上たった現在でも対応していません。popIn Aladdinは自前で音声アシスタントを開発しているバイドゥの傘下だからかもしれませんが…

ただし、popIn Aladdin 2になって一点朗報があります。

それは、プロジェクターの電源オンオフについても「赤外線」方式に変更となりました。

初代は照明部分だけ赤外線で、プロジェクター電源はBluetooth通信のリモコンになっていたため、これが不可でした。

つまり、スマートリモコンを経由して、照明だけでなくプロジェクターのオンオフも操作できるようになっています。

さらに、Aladdin Remolessという製品が新たに発売され、これでリモコンを探す手間なく、音声によるハンズフリー操作ができるようになります!

詳細については、以下の記事でレビューしましたので、ご参考まで。

おわりに

2になって、何より壁との距離が短くとも、大画面表示ができるようになったことが何より嬉しかったです。

他の部分も正当進化を果たしており、popIn Aladdinは2になって完成形といった出来栄えとなりました。

仕様上の欠点はあるものの、3 in 1一体型のメリットがそれを勝っている印象。

これでより優雅に寝室でのひとときを過ごせそうです。

Amazonでのお買い物をする際は、ギフト券に現金チャージするのがおすすめです。

  • ギフト券購入の度に最大2.5%分のポイント還元
  • 初回5000円以上のチャージで1000円分のポイント還元

支払いはコンビニ・ATM・ネットバンキングで。簡単おトクなのでぜひ!

Kou

Kou

こんにちは!
BENRI LIFE(ベンリライフ)は、「IoT(モノのインターネット)」をテーマにしたガジェットブログです。
特に「スマートホーム」に関する情報が充実しています!
IoTツールで暮らしを便利に、快適に...
よかったら、色々見ていってください!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA