スマートホーム化におすすめのデバイスや家電とは?自宅IoT入門に必要なものと選び方

smarthome

Amazon EchoやGoogle Homeといったスマートスピーカーの発売を契機に、ジワジワと話題になっているスマートホーム。

2022年現在、それらに対応する家電や装置もかなり増えてきており、最近では某ウイルスによる在宅勤務の流れもあって、プチブームにもなっています。

このスマートホーム化、一度構築すると、それなしでは居られなくなるほど便利で、快適な住空間をつくることができるんです。

しかも、そこまでハードルは高くなく、今ご自宅にある家電を利用し、スマホアプリの設定だけでカンタンに作れるのも良い部分。

今回は、スマートホームの作り方と、それを作るためのおすすめの製品についてご紹介していきます!

 管理人:Kou

管理人:Kou

私はスマートスピーカー発売初期の2017年から、今に至るまでスマートホーム化にハマり、このブログに示すとおり100以上の製品を購入して自分なりに研究してきました。その経験から得てきたことを、この記事で一挙公開します!

▲おすすめ製品を組み合わせれば、ここまでできる!
まるっと導入するなら?

自宅に一から導入する場合、できる限りメーカーを統一して買うのがおすすめです。

特に2022年時点では、「SwitchBotシリーズ」が一番人気となっていて、ラインナップも豊富であり、コスパの良くスマートホームを自宅に取り入れられます。

スマートホーム化を簡単に実現するには?

スマートホームとは何か

最初に言葉の定義を整理します。

スマートホームとは、「住空間にある”モノ”をインターネットに接続することで、生活を快適かつ便利にする」という概念です。いわゆる「IoT(Internet of Things)」のジャンルの一つ。

スマートホーム化は、これを実現するために「インターネット対応の専用デバイスや家電」を購入して作ります。

モノがインターネットに繋がることで、何が良いのかというと、具体的には以下のとおりです。

スマートホーム化してできること
  • 家電のハンズフリー操作ができる(スマートスピーカーで音声操作)
  • スマホをリモコン代わりにできる(照明・テレビなど)
  • 家電の遠隔操作ができる(外からエアコンONなど)
  • 自宅をエンタメ空間にできる(音楽・動画配信サービスと連携)
  • ペット・高齢者の見守りに活用できる
  • ホームセキュリティに活用できる

このようにスマートホーム化しておくことで、色々なことができるようになります。こちらの記事で詳細解説しています。

それでは、上に書いたことを最も簡単かつお安く実現するために、構築の仕方や買うべき方法についてお伝えします。

既存の家電を活かそう(「デバイス」を購入する)

スマートホーム化となると、「家電をインターネット(Wi-Fi)対応のものに買い換える」とか「リフォーム工事する必要がある」「プログラミングの知識が必要」などと、思われていませんか?

そんなご心配は不要です。「今ご自宅にある家電を活用する」ことで、簡単・お安く作ることができます!

どうするかというと、「スマートホームデバイス(スマートホーム化するための装置)」というものを導入すれば、OKです。

このスマートホームデバイスは、スマホやスマートスピーカーのような、「インターネット対応端末」と「自宅の家電や設備」を操作する際の中継機(橋渡し役)のような役割を担います。

▲代表製品「スマートリモコン」は、アプリから家電リモコンの赤外線を送信することで、スマートフォンやスマートスピーカーから家電を操作します。
スマートロックでスマホから鍵を解錠
▲代表製品「スマートロック」は、自宅の鍵に取り付けて、スマホやスマートウォッチで自宅の鍵を施錠・解錠します。

これらのスマートホームデバイスは、家電ごと入れ替えたり、設備工事をする必要もなく、既設のものに外付けするイメージで導入できます。

単価もそれらより大幅に安く、各デバイスはモノにもよりますが、数千円前後で購入できます。

しかも、ほぼ全て「設定アプリ」があるので、スマホからネットワーク設定や操作・仕組みづくりが簡単に可能です。

Kou

Kou

スマホが使える人なら誰でも導入でき、プログラミングなどのスキルも必要なしです!

そのため、スマートホーム化をこれから始めるなら、まず「スマートホームデバイス」を最優先に検討しましょう。

AI音声アシスタント対応の製品を選ぼう

続いて、具体的な「スマートホームデバイス」の選び方です。

新鋭の製品ばかりでわかりにくいため、一つポイントとなる点をご紹介します。

そのポイントとは、ずばり「AI音声アシスタント」に対応しているか否かです。

AI音声アシスタントとは、Amazonのアレクサ、Googleアシスタント、AppleのSiriに代表される、話しかけて回答してくれるアシスタントのことです。 

なぜ音声アシスタントがポイントとなるかというと、以下が挙げられます。

音声アシスタント対応が鍵となる理由
  • 家電の音声操作ができる(スマートスピーカーと連携して操作など)
  • 音声アシスタントの機能を用いて家電の統合管理ができる(ダッシュボード化・自動操作など)
  • AmazonやGoogleがスマートホームを積極推進している(スマートホーム向けの機能が豊富)
  • 22年以降、「Matter」と呼ばれるスマートホームの共通規格が、音声アシスタントベースで整理される

つまり、音声アシスタントに対応していれば、スマートホーム化しやすくなるということです。

特に、音声アシスタント内蔵の「スマートスピーカー」と以下に述べる各種スマートホーム製品を連携させることで、家電の音声操作(ハンズフリー操作)できるようになり、一気に生活が便利になります。

家電の音声操作をしている人
▲その場から動かなくても、家電のコントロールが可能です!

そのため、音声アシスタント対応の製品を選びましょう。

次の章では、これに対応している製品を中心におすすめを掲載しています。

スマートホーム化におすすめの製品は?

スマートホーム化をするために必要な、代表的な製品を掲載していきます。

自分が利用してきた多くの製品の中で、特におすすめのものを述べていきます。

Kou

Kou

いきなり全部買わなくても大丈夫です。興味のある所から単品ごとに購入していき、徐々に進めていきましょう!

この製品リストは、関連記事含め、最新の動向に合わせ随時更新しています。(初稿:2018年1月28日、最新:2022年7月19日)

スマートリモコン【特におすすめ!】

スマートリモコンとは、ざっくり言うと「インターネットに対応した学習リモコン」です。

以下の図のような仕組みとなっています。

スマートリモコンの概要説明図
▲スマートリモコンが、端末と家電の中継機のような役割を担う。

リモコンをスマホにひとまとめにしたり、各種家電リモコンの赤外線信号をインターネット経由で発信することにより、家電の遠隔操作・音声操作ができるようになります。

スマートリモコンで最も有名なのは、以下のNature Remoです。

Nature Remo 3実機画像
▲洗練されたデザインで古くから人気のスマートリモコン
NatureRemoのエアコン設定
▲アプリに各種家電リモコンのプリセットがあり、ここから操作が可能です。(例としてエアコン)

他にも、プラススタイルのスマートマルチリモコンSwitchBot Hub miniもおすすめです。

スマートリモコンは、これ一台持っているだけで、今ご自宅にある「エアコン・テレビ・シーリングライト」などを一気に遠隔操作・音声操作対応させることができるため、ここから始めるのがおすすめです。

スマートプラグ

スマートプラグも、スマートホームを手軽に始められるので、おすすめの製品の一つ。

これは、コンセントと家電の電源の間に取り付けて、スマホやスマートスピーカーから主電源をオン・オフする製品です。

プラグを挿してみた
▲家電の主電源とコンセントの間に挿して、スマホから電源ON・OFFのコントロールができます。

以下のような家電で利用できます。

スマートプラグ対応家電
  • 間接照明
  • 扇風機・サーキュレーター
  • テレビ(モニタリングとして利用)

ストーブや電熱器など特定電気用品に当たる製品の遠隔操作は、原則利用が禁止されています。(参考:電気用品安全法JET遠隔操作システム認証基準

この中で特におすすめの製品は、SwitchBotプラグミニです。

その特徴は、後述する「SwitchBotシリーズとの連携」ができること、家電の電力をモニタリングと、それを生かした仕組みづくりができることです。

単にスマートホーム的な仕組みづくりが行えるだけでなく、電力消費の観点でも優れているのが特徴的。

他にも、Amazon純正のスマートプラグ+Styleのスマートプラグもおすすめです。

スマートプラグは、主電源を直接ON・OFFするといった性質から、意外と活用範囲が少ないですが1,000円〜2000円台で気軽にスマートホーム化できるのが嬉しいポイントです。

スマートロック

スマートロックとは、家の鍵に外付けして、スマホやスマートウォッチから鍵の開閉ができる製品です。

▲両面テープで簡単設置!工事不要です。

家の出入りはほぼ毎日すること。ここをスマート化すると、鍵を取り出す手間が省けてとても便利です。

スマートロックの代表製品として挙げられるのは、CANDY HOUSEの「セサミ」という製品。

▲動作はかなり高速で、「Always Connect」と呼ばれる仕組みでリモート操作時でもレスポンスが速いです。

他にも、「SwitchBotスマートロック」や「Qrio Lock」もおすすめです。

自宅でキーレスを実現できるだけでなく、鍵の施解錠履歴も管理できるので、民泊やコワーキングスペースなどの事業者向けとしてもおすすめです!

スマートライト

Wi-Fi対応にした電球・シーリングライトというものもあります。

Amazon EchoとTP-Linkスマート電球
▲スマートスピーカーから声でON・OFFや調光・調色が可能です。

これを導入することにより、以下のメリットがあります。

スマートライト導入の良い点
  • 布団の中からでも音声操作で照明のオンオフができる
  • 照明の消し忘れ対策ができる
  • ランダム点灯で防犯や見守りに活用できる
  • カラー操作で彩りやアラートにも使える

特におすすめなのは、スマートライトの老舗「Philips Hue」です。

スマートライトを音声操作
▲照明の音声操作は、生活が変わるレベルで便利なので、ぜひ試していただきたいです。
Philips Hueのシーン機能
▲フルカラータイプであれば、シーン機能で部屋を色んな雰囲気に彩ることができます。

Amazon Echoのスマートホームハブ対応製品であれば、Hueブリッジは不要です。

他にも、IKEAのトロードフリやアイリスオーヤマなどのシーリングライト、変わり種ではソニーのLED電球スピーカーというものもあります。

照明は、IoTの遠隔操作によるメリットを最も得やすいモノの一つとして、IoT化が進んでいるので、製品は以下の記事から合うものを選んでください。

ネットワークカメラ

インターネット経由でスマホや画面付きスマートスピーカーから映像を確認できるネットワーク(IP)カメラ。

活用範囲は幅広く、防犯カメラからペットや高齢者の見守り、ベビーモニターまで幅広く利用できるのが特徴。

このネットワークカメラも、スマートホームデバイスとしても多く発売されているデバイスです。

個人的にイチオシなのが、充電器で有名なAnkerが発売する、「Anker eufy Indoor CAM」です。

この製品、ふつうのネットワークカメラと比較して、3,000円〜4,000円台で買える割に、非常に高機能なためです。

Eufy Indoor CAMの特徴
  • 1080p撮影(最大2K撮影まで可能)。暗視撮影可能
  • 画角も水平方向に125度、首振り(パンチルト)対応モデルあり
  • 録画も可能、micro SDカードによる保存も可
  • 動体検知、音声検知あり
  • Amazon Alexa、Googleアシスタントに対応
▲スマホからだけでなく、画面付きスマートスピーカーからでも確認可能です。
▲なんと、AIで被写体を見分け、動体・音声検知の通知を振り分ける機能まであります!

他にも、格安高機能なATOM CAMや、AI対応に優れるラトックシステムのieCame(イエカメ)もおすすめ。

ネットワークカメラは、一台持っておくと色々なシーンで使うことができ、最近は安くて高性能なモノが増えてきたので、興味がある方は試しに一台購入されてみてはいかがでしょう。

セットトップボックス

ここでのセットトップボックス(STB)とは、テレビに外付けして動画配信サービスや、音楽配信サービスが楽しめるデバイスを指します。

テレビを買い換えなくても、そのテレビをスマートテレビにすることが可能で、最近は音声アシスタント対応など、スマートホーム的な進化が進んでいます。

代表作は、AmazonのFire TV Stick(Fire TVシリーズ)です。

Fire TV Cube 音楽操作
▲プライムビデオを見れたり、音楽を歌詞つきで流したりもできます。
Fire TV Cubeの同梱品
▲最近では、Fire TVシリーズ全てがアレクサに対応しており、スマートスピーカーとしても使える「Fire TV Cube」なんてものも出てきました。

これらで、スマートスピーカーからテレビを音声でハンズフリーで操作できるようになったり、Echoの場合はオーディオシステムも組めたりで、エンタメ視聴がますます快適になります。

他にも、Chromecast with Google TVや、Apple TVも有名ですね。

さらに、スマホから外出先でテレビを視聴・録画できる、ピクセラのXit Airboxというのもあります。

これらは、スマートホームでくくらなくても、かなり人気の高いデバイスであり、より快適に映画やアニメを楽しみたい方へおすすめです。

ホームロボット

まだ二足歩行で動いたり…するようなものにはなっていませんが、「ロボット」と言える製品もあるんです。

スマートホームデバイスの中で唯一無二とも言える存在で、かなりのヒット作になっているのが、以下のSwitchBot

この製品、一言でいうと「指のかわりをしてくれる装置」で、家電や設備のスイッチ等に取り付けて、スマホやスマートスピーカーから遠隔操作が可能です。

▲簡単な例では照明につけて、スマホやスマートスピーカーから照明オンオフ

他にも、浴室リモコンに取り付けたり、マンションのオートロックの解錠ボタンにつけて操作なんてことまで可能です。

SwitchBotは、他にも以下のようなラインナップがあり、ここでスマートホーム化のグッズを一式揃えるのも良い選択肢です。

商品画像商品名(リンクはAmazonサイト)製品概要販売価格(単位:円)
SwitchBot Hub MiniSwitch BotシリーズをWi-Fi対応させるための
ネットワークハブ。
スマートリモコンとしても利用でき、
赤外線リモコンで操作する家電を操作可能
※適用例:エアコン/テレビ/
シーリングライトの遠隔操作
3,980
SwitchBot指の代わりに物理スイッチのボタンを押してくれるロボット
※適用例:照明スイッチ/浴室リモコン/
床暖房の遠隔操作
3,851
SwitchBot 温湿度計スマホのSwitch Botアプリで温湿度が
確認・自動操作できる温湿度計
※用途:空調制御/見守り
1,980
SwitchBot カーテンカーテンの開閉をスマホやスマートスピーカー
から操縦できるロボット
※用途:目覚まし/防犯
10,022
SwitchBotボタンSwitch Botシリーズをボタンで操作できる
IoTボタン
※用途:ボタン1プッシュで一括開閉
1,980
SwitchBot スマートプラグSwitchBotアプリで操作できるWi-Fi対応
スマートプラグ。
家電の主電源をオンオフ可能
※用途:間接照明/サーキュレーターの
オンオフ
1,980
SwitchBot スマート加湿器SwitchBotシリーズで利用できる
超音波加湿機
※用途:加湿
5,578
SwitchBot防犯カメラSwitchBotアプリで映像視聴可能な
防犯・見守りカメラ
※用途:ペットカメラ、防犯カメラ、
ベビーモニター
2,980
SwitchBot防犯カメラ(首振り)SwitchBotで映像視聴可能な
防犯・見守りカメラの首振り対応版
※用途:ペットカメラ、防犯カメラ、
ベビーモニター
4,480
SwitchBot人感センサーSwitchBotシリーズで利用可能で
仕組みづくりに役立つ人感センサー
※用途:人感照明等
2,480
SwitchBot開閉センサーSwitchBotシリーズで利用可能で
仕組みづくりに役立つ開閉センサー
※用途:家電自動操作、戸締まり確認
2,481
SwitchBot NFCタグNFCタグ。
タッチをトリガーにSwitchBot製品の
操作が可能
※用途:家電操作
980
SwitchBot スマート電球SwitchBotアプリで操作可能な
スマート電球
※用途:照明操作
1,899
SwitchBot テープライトSwitchBotアプリで操作可能な
テープライト
※用途:照明操作
2,480
SwitchBot スマートロックスマホ等で鍵の開け閉めができる
スマートロック
※用途:玄関のドアの開け閉め、戸締まり確認
9,980
SwitchBotキーパッドSwitchBotスマートロックを暗証番号
or NFCカードで解錠できる
オプション品。
+指紋認証の「キーパッドタッチ」もあり
※用途:玄関のドアの開け閉め、キーシェア
4,980
SwitchBotシーリングライトSwitchBotアプリで操作可能な
シーリングライト。
スマートリモコンHub mini「内蔵型」も。
※用途:照明操作
4,980〜
9,980
SwitchBotロボット掃除機SwitchBotアプリで制御できる
ロボット掃除機。
自動ごみ収集タイプもある。
※用途:掃除
39,800〜
69,799

他にも、ルンバに代表されるロボット掃除機もスマートホーム製品と言えますが、これはデバイスというより家電そのものなので、ここでは割愛します。

ケース別の導入構成例

各種製品について列挙していきましたが、ここではケース別に必要なものを想定して解説します。

家事効率化に活用したい

必要なモノ
  • スマートリモコン
  • スマートライト
  • ホームロボット

主要家電である、「エアコン・テレビ・照明」を音声操作対応させることで、すべてハンズフリー操作できるようになります。

▲家電の一括操作も可能です。

それ以外にも、SwitchBotシリーズ(ロボット)を活用することで、外から風呂の浴室リモコンを操作したり、カーテンを開けたりといった地味に便利なことも可能です。

▲なんと、外出先から風呂を入れることも!笑
▲さらに、カーテンを音声操作・自動操作までさせることも可能なんです!

ここで家事効率化と言っているのは、家電をハンズフリー操作や一括操作できることにより、ちょっとした「移動の労力」や「瞬停(家事の手が一瞬止まる)」が無くなることで、家事に集中したり他のことと並走できるためです。

これら時間がチリツモで、一度スマートホーム化をするとかなり生活が楽になることを実感するので、ぜひ試していただきです!

見守り・ホームセキュリティで使いたい

必要なモノ
  • ネットワークカメラ
  • スマートロック
  • スマートプラグ

スマートホームは、ペットや高齢者の見守りや、ホームセキュリティにも応用できます。

ホームセキュリティや見守りサービスとなると、月額が高額なものが多いですが、スマートホーム製品は単品ごとが安価なので、これで実施するのが良いですね。

ネットワークカメラが最も使いやすく、これの設置でいつでもどこでもスマホからカメラ映像を見ることができ、不審者検知や動体検知の通知を受けることができます。

▲2,500円で高機能な防犯カメラが導入できる

それ以外にも、スマートロックの「解錠・施錠履歴」を見守りやホームセキュリティに活用するのも良いです。

▲解錠履歴を確認できる。

スマートプラグは、電力をモニタリングして見守りに活用するのにも使えます。

海外のスマートホーム(特に米国)では、このホームセキュリティ分野を中心に発展しており、スマートホームを導入すると、見守り・ホームセキュリティにも活用できます。

エンタメ空間を取り入れたい

必要なモノ
  • セットトップボックス
  • スマートリモコン
  • スマートライト

スマートホーム化をしていると、エンタメ視聴がしやすくなります。

例えば、スマートスピーカーに代表される「音楽再生」。

Amazon Echoシリーズは特に発達していて、単にハンズフリー操作できるだけでなく、「マルチルームミュージック(家中で音楽再生)」や「ホームシアター」を利用することができ、エンタメのある生活を楽しめます。

▲我が家はEcho Studio2台+Fire TV Cubeでド迫力でプライムビデオを楽しんでいます。しかもリモコン不要で操作可能

また、セットトップボックスを1台買ってテレビに取り付けるだけで、様々な動画配信サービスを視聴できるのもメリット。

それ以外にもスマートライトでは、IoT技術を集結させプロジェクターとスピーカーとシーリングライトが一体型となった「popIn Aladdin」という面白い製品もあります。

popIn Aladdin 2の投影画像
▲ホームシアターが見られるシーリングライト。これは家電そのものですが、とても画期的なスマートホーム製品なのでご紹介。

日本では、特にここ最近の「おうち時間」が増えている現状もあってか、このエンタメ視聴に関連したスマートホーム製品が特に売れている印象です。

インテリアにも活用したい

必要なモノ
  • スマートライト
  • スマートディスプレイ

最近は、おしゃれなスマート製品がどんどん出てきていて、インテリアにも活用できます。

この軸でおすすめなのは、「スマートライト」と「スマートディスプレイ」。

自宅では、「Nanoleaf Elements」「Atmoph Window 2」「Echo Show 15」を飾っていますが、かなりオシャレな空間にできました。この3製品はおすすめです。

書斎にNanoleaf ElementsとAtmoph Window 2を飾っています。
▲自宅の書斎です。スマートライト「Nanoleaf Elements」と「Atmoph Window 2」を取り入れています。
Echo Show 15を設置したインテリア
▲Echo Show 15はフォトフレームとしても使えて、オシャレさ抜群!

という感じで、自宅にちょっと先進的な、インテリアのアクセントにも使える製品も多く出ていますので、ご興味があればぜひ試してみてください!

さらに拡張するためには?

ここまでは、スマートホーム化を始めるのにおすすめの商品を紹介してきましたが、利用していくにつれて、買い集めるとさらに快適な生活を送れます。

スマート家電の導入・サービスの活用

これまでは、今ある家電を「デバイス」を使って動かそうという趣旨で説明してきましたが、最近はIoTに標準対応する家電も多くなってきました。

例として、エアコンは完全自動運転を実現することができます。

▲我が家では、SHARPのAIoT対応エアコンと空気清浄機と連携し、自動運転を可能としています。
▲最近のテレビも、一括操作や音声操作に標準対応してきました。

このような家電は、最初からそれら機能が組み込まれていることにより、デバイスとの連携設定が不要だったり、デバイスでは実現できなかった細かい操作・家電そのものの管理も可能としています。

例えば、ソニーのマルチファンクションライト2は、パット見は普通のシーリングライトながら、スピーカーや温湿度モニタリング、家電コントロール機能を備えており、これ一台でスマートホームでできる大半のことを実現可能です。

照明から音楽が流れる
▲マルチファンクションライト2。防犯、見守りにも活用できるのがすごい。

この類だと、他にも「SwitchBotシーリングライトプロ」という製品もあります。

そのため、家電の買い替え時期や引っ越しして新しく家電を買い集めるなどには、スマート家電の導入もおすすめです。

Kou

Kou

私も徐々に入れ替えてきています!以下の記事をご参考ください。

また、MANOMAというスマートホームをまるっと導入できるサービスもあるので、こちらも合わせてどうぞ。

適切なネットワークの構築(通信費の節約方法も)

スマートホーム化が進むにつれ、インターネットに接続するデバイスや家電が多くなっていきます。

そうすると、通信の安定性や同時接続台数の問題で、ルーターもそれに合わせたものを選ぶと良いです。

特にメッシュWi-Fiルーターは、スマートホーム向けに最適で、アクセスポイントを家の各所に置くことで、広いご自宅・同時多数接続の状況でも、通信を安定化することができ、特におすすめです。

▲アクセスポイントを各部屋に置き、それぞれのルーターがリンクすることで通信を安定化させます。

TP-LinkのDecoシリーズは、メッシュWi-Fiルーターにしては、そこそこ安価でラインナップも豊富なのでおすすめです。

詳細は以下の記事で解説していますので、ご参考まで!

また、スマートホーム化は、「大きな通信量(ギガ)」「通信速度」をそこまで多く必要としないため、モバイル回線(格安SIM)を自宅の固定回線として代用するという手もあります。

ahamo登場以降、各社新料金プランで「〜20GBまでの低容量SIM」が大幅に安くなっており、これを自宅のWi-Fiとして転用することで、光回線を引くことなく通信費を大幅削減できます。

特に一人暮らしで部屋もそこまで大きくなく、光回線を引くのが面倒な方におすすめ。以下の記事で詳細を解説しましたので、ご参考ください。

参考:我が家もご覧ください【実例】

さて、今回はスマートホーム化する上で必要なもの、おすすめの製品や選び方について解説してきました。

上記は、スマートスピーカーが日本で発売された2017年から、個人的に買い続けた中で買ってよかったと思えるものを中心に選抜しています。

さらに、以下の記事で、勝手ながら我が家のスマートホームを公開(笑)しましたので、興味のある方は以下の記事をご参考ください!

Kou

Kou

実際に動いているシーンも動画でまとめましたので、今回おすすめ製品の組み合わせ実例として、よかったらどうぞ!

Kou

Kou

こんにちは!
BENRI LIFE(ベンリライフ)は、「IoT(モノのインターネット)」をテーマにしたガジェットブログです。
特に「スマートホーム」に関する情報が充実しています!
IoTツールで暮らしを便利に、快適に...
よかったら、色々見ていってください!

FOLLOW

カテゴリー:

\LINEのお問合せサービス始めました/

コンサルティング
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA