Amazonブラックフライデー開催中!

Anker Soundcore Frames Landmark レビュー| 耳を塞がず音楽が聴ける!装着感も良く実用的なオーディオグラス

見た目は普通のサングラスなのに、音楽視聴ができる面白いオーディオグラスが、Ankerから発売されました。

Anker Soundcore Frames Landmarkは、装着するだけでスマホ経由(Bluetooth)で音楽視聴ができるオーディオグラスです。

耳の周りに搭載したスピーカーから音が流れ、耳を塞がない音楽体験ができます。

まさにアウトドアシーンに最適なウェアラブル端末、その特徴は以下の通りです。

特徴
  • OpenSurrounオーディオシステムを採用し、耳を塞がず臨場感あふれる音楽体験が可能
  • IPX4防水規格に対応しており、アウトドアシーンに最適
  • 音声通話ができる
  • 偏光レンズを採用、衝撃や傷に強く紫外線をブロック
  • 最大5.5時間の長時間再生・短時間充電が可能
  • Soundcoreアプリでイコライザーも利用可能

この製品、グラス型のウエアラブル端末とはいえ、音楽再生に絞っている所が良いなと思いましたが、気になるのはまともに楽曲試聴ができるか否かというところ。

そんなわけで今回は、Anker Soundcore Frames Landmarkについて、実際に利用してみたレビューを掲載していきます。

https://www.benrilife.com/wp-content/uploads/2019/05/Kou1600.jpg

Anker Soundcore Frames Landmark レビュー

Anker Soundcore Frames Landmarkは、見た目は普通のサングラスながら、しっかりと音楽試聴ができてよかった。音質はイヤホンやヘッドフォンには当然劣り、音漏れもあるが、耳を塞がなくて良いというのがストレスフリー。普通のサングラスとしても違和感はなく、紫外線A/B波を最大99%ブロックするレンズを採用。個人的にはランニングやサイクリングで利用したいアウトドア向けのウエアラブル端末!

メリット

  • フレームはやや太いが装着感に違和感があるほどではない
  • 耳を塞がなくて良いのが何より良い
  • 最低限の音質は備わっている
  • サングラスとしてほとんど違和感ない
  • イコライザーや通話向けの機能もあり

デメリット

  • 仕様上、音漏れはする
項目Soundcore Frames LandmarkSoundcore Frames Cafe
製品画像
再生可能時間最大5.5時間最大5.5時間
イコライザー機能アプリでカスタム対応アプリでカスタム対応
専用アプリ対応
通信方式Bluetooth 5.2Bluetooth 5.2
対応コーデックSBC, AACSBC, AAC
充電方式付属の磁気充電ケーブル付属の磁気充電ケーブル
防水規格突然の雨にも安心: IPX4突然の雨にも安心: IPX4
偏光レンズ
ブルーライトカットレンズ
特徴耳を塞がず音楽を楽しめるオーディオグラス。
独自のOpenSurroundオーディオシステムを採用し、
臨場感溢れる音楽体験を実現。
偏光レンズを採用するほか、
IPX4の防水規格にも対応しアウトドアや
スポーツシーンに適したモデル
耳を塞がず音楽を楽しめるオーディオグラス。
独自のOpenSurroundオーディオシステムを採用し、
臨場感溢れる音楽体験を実現。
ブルーライトを20%カットするレンズを採用し、
PCやスマートフォンなどの
液晶画面を見ることの多いシーンに適したモデル

この記事は、メーカーであるAnker Japan様より製品を提供いただき、記事執筆を行なっております。

Amazonキャンペーン

ブラックフライデー期間に合わせ、Amazonで以下のサービスがお得に!

サービスキャンペーン終了日対象者注意事項
Kindle Unlimited
(本の読み放題)
3ヶ月99円
(通常は1ヶ月無料体験、その後月額980円)
12月1日新規申込者が対象無料期間終了後、月額980円自動更新
(解約は無料)
Audible
(オーディオブック聴き放題)
2ヶ月無料+100ポイント
(通常は1ヶ月無料)
12月26日新規登録する方無料期間終了後、月額1,500円自動更新
(解約は無料)
Music Unlimited
(音楽聴き放題)
3ヶ月無料
(通常は1ヶ月無料体験、その後月額880円)
1月11日新規申込者が対象無料期間終了後、月額880円自動更新
(解約は無料)

リンクはAmazonサイト。通常よりもお得なので、これを機にぜひ!

Anker Soundcore Frames Landmarkの外観と初期設定

Anker Soundcore Frames Landmarkの外観と使い方をチェックしていきます。

Anker Soundcore Frames Landmarkの外観を見ていきます。

▲同梱品。フレーム、オーディオテンプル、トラベルケース、磁気充電ケーブル、クリーニングクロス、クイックスタートガイド、安全マニュアル、カスタマーサポート

Anker Soundcore Frames Landmarkは、テンプル(つる)が分かれて同梱されており、それを装着することで利用します。

Anker Soundcore Frames Landmarkは、オーディオグラスにしてはスタイリッシュなデザインですが、普通のサングラスと比較すると、やはりテンプルは太めです。

サングラスの内側です。

▲つるは若干太いですが、見た目は本当に至って普通のサングラスです。

外観のサイズは、以下の通りとなっています。

▲サイズは本体フレームまで含めて、実測で幅137mm・高さ50mmでした。
▲折りたたんだ様子です。少しテンプルが太いですが、問題ないレベル。

ケーブルで充電してから利用します。

ケーブルを抜くと、Bluetoothのペアリングモードとなり、接続できます。

このペアリングが最初されたりされなかったりしたので、そう言う場合は、次の強制起動をお試しください。

▲この湾曲部分を同時にタッチすると、電源がオンになります。

思ってたより実用的で装着感も良い

Anker Soundcore Frames Landmarkは、斬新な製品だったので、実際に手に取ってみて本当にこれが使えるの?というのが気になる製品でした。

しかし、実際に使ってみた所、中々実用的な製品だと感じました。その感想を述べていきます。

耳を塞がなくて良いのが運動中にもストレスフリー

この製品の何より良いところが、耳を塞がなくて良いことです。

本当にサングラスをかけるだけでスマホと自動でBluetoothペアリングができますし、徒歩時やスポーツ時にも耳を塞がないので、爽快感があります。

実際かけていても、見た目は普通のサングラスと変わりません。

▲かなり怪しい人になってますがw 見た目は普通のサングラスと変わりません。
▲ここのテンプルが少し太い気もしますが、装着感に問題はありません。

徒歩中は良いのですが、特にランニングをしている時とかって、イヤホンだと結構ストレスになったりするんですよね。

インナーイヤー型のイヤホンを選択する手もありますが、それよりもさらに軽快感がある(というか耳に何もしてない)のが良い感じです。

また、特にサイクリングをするときにおすすめの製品です。

道交法上イヤホンはグレーなので、その際にも楽曲視聴やラジオを流したいときに効果的です。

この製品は、サングラスそのものであるため、ケースなどを持たなくて良いのも良い感じ。

もちろん付属品のケースがあるので、使わないときはそこに収納できます。

▲ケースやクリーニングクロスも付属してて、携帯しやすい!

音楽や音声サービスもしっかり聴こえる。このレベルならアリ

個人的に一番不安だった点はこれ。ちゃんと音楽が聴けるのか?というところです。

結論から言うと、オーディオクラスにしては、しっかりと聴けるサウンドでした。

もちろんイヤホンやヘッドフォンに比べると、重低音はわずかにしか聞こえず、シャリシャリとしたサウンドです。

▲独自のOpenSurroundオーディオシステムを採用し、臨場感溢れる音楽体験を実現。

ただ、ウエアラブル端末として考えると、このくらいの音質の方がむしろ気軽に音楽が聴ける。

音の通りも良く、ただのサングラスとして考えると、中々優秀です。

ちなみにこれ、Audible(オーディブル)やRadiko(ラジコ)のような、オーディオブックサービスやラジオなどを視聴するにも向いています。

これで学習したり、YouTube Premiumを流してバラエティ系のコンテンツを楽しむこともできて、ランニングやサイクリングをしている際に気が紛れます。

ただし、仕様上しかたのない部分ですが、音漏れはやはりします。

一応アプリの設定で、音漏れがしない(プライバシーモード)ようにも設定できますが、音楽を聴くには厳しいレベルの音質になってしまいます。

これはある程度想定した上での購入を検討されてみてください。

イコライザーや通話向け機能もあるウェアラブル端末

この製品は、サングラスの形をしたウエアラブル端末なので、周辺機能も結構充実しています。

まず、AnkerのSoundcoreブランドではおなじみ、「Soundcoreアプリ」を利用することができます。

この、Soundcoreアプリでは、イコライザーを使って音質の調節が可能です。

低中高音まで自由に調節でき、5種類のカスタムイコライザーモードからも選択ができます。

本体の操作方法も、アプリでカスタマイズが可能です。

オーディオテンプル (つるの部分) をタップして、音楽の再生/停止/曲送り/曲戻り、電話の応答/終了、音声アシスタントを操作できます。

また、IPX4相当の防水にも対応しており、雨や水辺で多少濡れても大丈夫です。

IPX4の防水は、海水は対象外です。特にビーチで利用される方も多いと想定されますが、その場合は海水で濡れないように注意してください。
にしてもこの製品、パラソル内でこのサングラスかけて音楽聞けたり、海辺を歩きながら使ってみたいですね。今度浜辺に行ったときに試してみますw

また、通話に関する機能もあります。

先述の通り通話に応答が可能であり、本体に内蔵の2つのマイクが搭載されています。

実際にこのサングラスを介した通話もしてみましたが、特に問題なく会話が出来ました。

通話が開始されるとプライバシーモードが自動で起動し、外に聞こえ漏れやすい高周波、低周波の音を弱めます。(声に近い中周波にフォーカスされる)

そのため、通話中の音漏れを軽減する仕組みとなっています。

おわりに

Anker Soundcore Frames Landmarkは、何より見た目は普通ながら耳を塞がずに音楽やラジオ、オーディオブックが視聴できて、思っていた以上に実用性の高い製品だと感じました。

もちろんイヤホンなどと比べると音質も落ちますし、音漏れもしますが、その分気軽に屋外で音楽を視聴できるのも中々良かったです。

特に、ランニングやサイクリングを良くする方におすすめしたい製品です。

Kou

Kou

こんにちは!
BENRI LIFE(ベンリライフ)は、「IoT(モノのインターネット)」をテーマにしたガジェットブログです。
特に「スマートホーム」に関する情報が充実しています!
IoTツールで暮らしを便利に、快適に...
よかったら、色々見ていってください!

FOLLOW

カテゴリー:

\LINEのお問合せサービス始めました/

コンサルティング
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA